元プロバイダー社員がとくとくBB WiMAXの契約から解約までを徹底解説【口コミ・評判】

GMOとくとくBBのWiMAXはどんな人に向いているのか?本当に契約して大丈夫か、解約は簡単?とくとくBB WiMAXについてまるっと解説していきたいと思います。

とくとくBB WiMAXの特徴

GMOとくとくBBはGMOインターネット株式会社が運営するプロバイダー事業です。MVNOとしてUQコミュニケーションズから回線を借り受けてWiMAXサービスを展開しています。

WiMAXの提供はWiMAX開始当初にはスタートしていませんでした。私の記憶では当初、ビッグローブやニフティ、ソネットなど大手ISPがWiMAXに参入し、数ヶ月から1年後以降Broad WiMAXサービスが開始された後に成果報酬制による集客を軸に個人のブロガーを巻き込みながら拡大していきました。

プロバイダー事業としては光回線、ドコモ光など現在は多くのサービスを展開していますが、ISP事業者としては後発組にあたります。

WiMAXサービスとしてはどのような特徴があるでしょうか。

とくとくBB WiMAXの最大の特徴は常に高額キャッシュバックを提供することで実質月額費用を他社より安く抑える戦略をとっている点です。常に他社より安い料金を提供できるよう競合他社をよく研究しているプロバイダーです。

以下より今月のキャンペーン及びメリット・デメリットなど解説していきます。

とくとくBB WiMAXのキャンペーン詳細

まずは今月のGMOとくとくBBのキャンペーン概要をご覧ください。

GMO とくとくBB WiMAX 2+

  • キャッシュバック最大31,000円
  • 月額値引きプランはギガ放題で月額2,590円~
  • 20日以内なら返品キャンセルOK
  • WiMAX端末の最短当日発送に対応
とくとくBB WiMAXの特徴解説&口コミ・評判
実質月額/契約年数 3,448円/3年間
キャンペーン特典 最大31,000円 キャッシュバック
月額料金 3,609円~
初期費用 3,000円
端末代 無料
支払い方法 クレジットカード

とくとくBB WiMAX 申込みはこちら(キャッシュバック特典)

とくとくBB WiMAX 月額値引きプランはこちら

キャンペーン期間:2020年9月30日まで

毎月、キャッシュバック金額を変動させ、利用者の申し込みの気持ちを揺さぶるのがうまい印象です。

過去のキャンペーン

とくとくBB WiMAXの過去のキャンペーン履歴と概要を参考に掲載します。

キャンペーン期間 キャンペーン概要
2020年8月 キャッシュバック最大30,500円
2020年7月 キャッシュバック最大30,000円
2020年6月 キャッシュバック最大27,200円
2019年秋~2020年春 キャッシュバック最大33,000円前後
2019年春~2019年夏 キャッシュバック最大30,000円前後
~2018年 キャッシュバック最大30,000円~40,000円前後

とくとくBB WiMAXのメリット

とくとくBB WiMAXのメリットは以下の通りです。

  • ギガ放題の実質月額費用が最安
  • 高額キャッシュバック
  • キャッシュバックと月額割引のプランが選択可能
  • WiMAX端末の翌日発送が可能だから短時間で利用可能
  • 最新WiMAX端末が最安で入手可能
  • 20日以内の途中解約も可能
  • 解約を前提に約1年の利用でも実質費用が最安

ギガ放題の実質月額費用が最安

当サイトの以下の記事でも毎月公開している通り、ギガ放題の実質月額料金を全プロバイダーで計算したところ、とくとくBBが最安という結果となりました。

最安の理由は、とにかく他社を追随させない高額キャッシュバックがウリとなっています。

2017年頃までキャッシュバック金額でキャンペーンを争うような時期もありましたが、2020年以降キャッシュバックを提供するプロバイダーは少なくなりました。

様々な理由がありますが、今でもキャッシュバック金額が大きい点、大きな訴求ポイントになり、利用者も安いという感覚に陥ります。

実際、キャッシュバック金額が高額なことから契約期間内の総費用を36ヶ月で割って1ヶ月あたりの実質月額費用を計算した結果、常に最安プロバイダーとして君臨し続けています。

高額キャッシュバック

高額キャッシュバックを特典として提供していることがとくとくBB最大の利点ですが、注意するところが一つあります。

時期によって異なりますが、キャッシュバック金額は選択するWiMAX端末によって異なる点を確認しなければなりません。

詳細は公式キャンペーンサイトの「料金プラン」をご覧いただければと思いますが、キャッシュバック金額が異なるケースがたまにあります。

キャンペーン時期によってWiMAX端末によるキャッシュバック金額が異なるように調整されており、欲しい端末のキャッシュバックが少ないという結果もよくあります。

申し込み前に必ずキャッシュバック金額をチェックしてみてください。

ちなみに、よくある傾向として古い機種ほどキャッシュバック金額が高額で、最新機種ほどキャッシュバック金額が少ない傾向にあります。

キャッシュバックの受け取り方法については後述します。

キャッシュバックと月額割引のプランが選択可能

とくとくBBには2つのキャンペーンパターンがあります。一つはこれまで紹介してきたキャッシュバック特典のあるプラン、もう1つは月額料金が値引きされたプランです。

とくとくBBのキャッシュバックは利用開始から1年以上経った後に受け取り申請をすることから、キャッシュバック受け取りを忘れてしまう方が目立つようで、その点を考慮してキャッシュバックで戻ってくる金額相当の料金を値引きしたプランになります。

厳密にはキャッシュバックを受け取ったほうが実質月額費用でみれば安いですが、キャッシュバックの受け取り不要な点で月額割引のプランを選ぶ方も多くなっています。

20日以内の途中解約も可能

20日キャンセルについて とくとくBB WiMAX

とくとくBBではエリア判定で使えるはずで申し込んだ方を対象に20日以内ならキャンセル可能としています。適用条件がありますが、エリア判定で「○」となっていれば基本的に返却可能です。返却の際の送料や支払った事務手数料などは戻ってきません。

それでも3年契約で解約金ありで解約するのは相当な費用がかかるので20日以内のキャンセルOKは非常にありがたいサービスといえます。

<適用条件>
・新規に個人様名義での本WiMAX 2+サービスお申込み
・お申し込み時のご登録住所が?UQ WiMAX 2+ピンポイントエリア判定で「〇」
・ご解約時、事前にGMOとくとくBBお客さまセンターへ「20日以内の解約」のご連絡
・お客さまセンターへご連絡後に指定の宛先にWiMAX端末機器のご返送
<キャンセル申請方法>
「GMOとくとくBB」お客さまセンター宛てにご連絡ください。
TEL:0570-045-109
受付時間:平日10:00 ~19:00

引用元:とくとくBB 20日キャンセルについて

約1年利用なら解約前提でも実質費用が他社より安い

以下の記事を参考にしていただければと思いますが、契約解除料を踏まえたとしても1年利用ということならキャッシュバックを受けて、解約違約金が少し値下がったタイミング、13ヶ月あたりで解約すると1年契約(厳密には13ヶ月)で業界最安となることが判明しました。

12ヶ月ピッタリだとかなり割高で損をしてしまうのでご注意ください。

1年利用を検討されている方はとくとくBBの途中解約を前提にした使い方も可能です。

とくとくBB WiMAXのデメリット

とくとくBB WiMAXのデメリットは以下の通りです。

  • クレジットカード払いのみ、口座振替での支払い不可
  • キャッシュバック受け取りまでに1年程度かかる
  • WiMAX端末によってキャッシュバック金額が異なる(※)
  • 申込時、オプション強制適用

※キャンペーンの変更によってキャッシュバック金額が統一されることもあります

とくとくBBのデメリットは上記の通りですが、今の御時世、1年以上継続的に使う人は少なくなってきており、キャッシュバック受け取りが1年後というのは先が長い話です。

オプションについては次に示す契約・申し込み手順で解説します。

とくとくBB WiMAXの契約・申し込み手順

とくとくBB WiMAXの契約、申し込み手順は以下の通りです。

公式キャンペーンページまたは電話で申し込みが可能です。

1.キャンペーンサイトにて申し込みボタンを押下

とくとくBB WiMAXキャンペーンサイトはこちら(キャッシュバックの場合)

2.申し込みページより必要事項を入力

プランを選択

WiMAX端末を選び、プランを選択(おすすめはギガ放題)します。

とくとくBB WiMAX 申し込み プラン選択

オプション選択

次に、オプションを選択します。残念なのが安心サポートの故障修理とサポート補償のどちらかが強制入会となる点です。

不要な場合はマイページから解除できるのですが、これが相当面倒で、解約し忘れている人も多くいるようです。

とくとくBB WiMAX オプション選択

公衆無線LANスポットについては有料ですが、UQコミュニケーションズのUQ WiFi プレミアムと同等サービスを受けることが可能です。

とくとくBB WiMAX 公衆無線LANオプション

3.お客様情報の入力

申込者の基本情報と支払う情報を入力します。

とくとくBB WiMAX お客様情報の入力

4.WiMAX端末が手元に届く

通常、3日前後でWiMAX端末が手元に届きますので、その端末が届いた日からすぐにWiMAX回線を利用することが可能です。

とくとくBB WiMAXの機種変更

とくとくBB WiMAX2+を契約中でWiMAXデータ端末の機種変更をしたい場合は、機種変更専用申し込みページから機種変更の申し出をすることで変更可能となっています。

機種変更は無料、利用条件は3年契約の場合は2年8ヶ月、つまり30ヶ月の継続利用が必要です。

WiMAXの機種変更

機種変更は専用ホームページより、申し込みを行います。機種変更に伴い、古い端末の返却は不要で、自分で処分することになります。機種変更申込後、端末発送はまで1週間程度かかります。

とくとくBB WiMAX 機種変更の流れ

とくとくBB WiMAXのプラン変更

WiMAX2+においてはギガ放題と通常プランに対してプラン変更が可能です。注意点として、毎月末日の前日18時までの申請を締め切りとして、翌月1日より変更が適用されます。

プラン変更の方法は、とくとくBBのマイページ「BB Navi」にログインし、利用中のサービス「WiMAX2+」を選択、使っているWiMAX端末をクリックした後、プラン変更リンクから変更可能です。

とくとくBB WiMAXでキャッシュバックを受け取る方法

とくとくBB WiMAXの最大の特徴であるキャッシュバックは継続利用が条件となります。また、懸念されるキャッシュバック受け取り方法ですが、思ったより難しくありません。以下の手順で行えば簡単に振込依頼ができますし、申請し忘れもメール受信設定を正しく行えていれば全く問題ありません。

手順としては下の図の通りです。

  1. キャッシュバックの案内メールを確認(継続利用11ヶ月目)
  2. メールに記載の専用サイトに振込先口座の情報を登録
  3. キャッシュバックが振り込まれる

とくとくBB WiMAX キャッシュバック受け取り方法

注意点としては、11ヶ月目にメールで案内が送られてきますので、必ず確認することです。申込みのタイミングでスマホのカレンダーに11ヶ月後の日付にとくとくBB WiMAXキャッシュバック手続きメールを受信する、などと記載しておけば忘れることもありませんし、もし受信していないようならマイページから問い合わせをすることもできるでしょう。

キャッシュバック受け取り不可となるパターンも確認しておきます。途中解約をすると継続利用の条件に当てはまらないのでキャッシュバック適用されません。また、とくとくBBのメール送信日から翌月の月末までの口座登録しない場合もキャッシュバックを受け取ることができなくなるので注意が必要です。

とにかく、メール受信ができること、普段使っているメールアドレスの登録と迷惑メールフォルダへ入らないか確認するなど万全にしておくことが大切です。

とくとくBB WiMAXの解約

解約手続きの流れ

とくとくBB WiMAX2+の解約はBB Naviのマイページから手続きできます。

利用中のWiMAX、端末を選択し、下の図のように「その他のお手続き」をクリックすると解約手続きに進むことができます。

とくとくBB WiMAX 解約手続き

契約解除料が発生する場合はその旨、画面に表示されますが、それで問題なければそのまま解約ボタンを押下して解約手続きを進めてください。

途中解約による契約解除料について

とくとくBB WiMAXの契約解除料は以下の通りの考え方となります。とくとくBBは3年契約となりますので3年契約の欄をご覧ください。

表:契約解除料(違約金)比較表

途中解約時期 1年契約 2年契約 3年契約
1~13ヶ月目で解約 1,000円(※) 19,000円 19,000円
14~25ヶ月目で解約 14,000円 14,000円
26~37ヶ月目で解約 9,500円 9,500円
37ヶ月以降 9,500円

※1年契約はビッグローブのみとなります。

とくとくBB WiMAXの契約解除料

他のネット回線への乗り換えなら違約金無し

とくとくBBならではのサービスで、WiMAXから他の光回線などのネット回線に切り替える場合は違約金無料で乗り換えが可能です。

インターネット乗り換え無料サービス とくとくBB

参考:どんなときも解約サポート(とくとくBB)

とくとくBB WiMAXの口コミ・評判

とくとくBB WiMAX 2+の評判はどうでしょうか?様々な媒体での口コミを検証していきたいと思います。

twitterの口コミ・評判

twitterにおける口コミから評判をみていきます。

これ以外には広告がらみの口コミが多く、信憑性に書ける口コミ内容も多かったです。

なお、とくとくBBは全般的に批判的な口コミが多く、契約に絡む問題が複数見受けられました。キャッシュバックの受け取りを決められた期間で行うことと、契約解除料がかからない解約可能月の確認をサポートに聞くなどしておけばトラブルになることは少ないでしょう。

ちなみに、ネットに繋がらない、速度が遅いといった問題は他のWiMAXでも同じことなのでとくとくBBに限った話ではありません。

Yahoo!知恵袋の評判

Yahoo!知恵袋における口コミ・評判を紹介します。

質問:

ID非公開さん 2020/6/2023:31:12
GMOのとくとくBBでWiMAXをギガ放題プランで利用しています。3日で10GBを超えると速度制限がかかるそうなのですが、ここ3日で10Gを超えていないのに速度が圧倒的に落ちました。1ヶ月の通信量をみると19GBととなっていて、ギガ放題プランなのになぜこんなにおそくなるのでしょうか?(ちなみに、4GB/3日)

教えて頂きたいです。

補足
au 4G LTEを用いたハイスピードエリアプラスモードは使用していません。

回答:

自分もWiMAXです
実際にはどのくらい出てますか?時間帯や周りの利用状況、場所によって変わるようですね
自分は今10-20Mbpsです

引用元:Yahoo!知恵袋

球に速度が出なくなることはまれにあります。電波干渉はあまり考えられませんが、周辺地域で多数のWiMAX回線が利用されている場合に起こりえます。時間を置いて再度確認するなどしてみるのが良いと思います。

質問:

ID非公開さん 2019/3/2322:14:32

GMOとくとくBBのWiMAXって、やたら評判が悪いのもあるんですけど、それでも契約する人っているんですよね?実際どうなんでしょうか?

回答:

GMOとくとくBBは利用料金の安さが特徴ですが、キャッシュバックを受け取り損ねたり、タイミング良く更新月に解約出来なかったりなどといった思わぬ落とし穴があるかもしれません。以下は自分自身の経験談から分かり安く解説します。

私は2017年1月初頭にGMOから郵送で端末を受け取り、2017年11月末日にキャッシュバック申請をして、2017年12月末頃キャッシュバックを自分の銀行口座で受け取り、2019年1月末に無事解約ボタンを押して、2019年2月末までにSIMカードを封筒に入れて返却しました。しかしGMOとくとくBBと契約する場合は契約内容に書かれている事以外に説明不足なところが多々あるので細心の注意が必要です。

①まずGMO専用メールアカウントが割り当てられますが、スマホでは字が小さすぎて読みにくいので、普段使ってるメールアドレスに転送出来るよう、会員ページ(BBナビ)で手続きした方が良いでしょう。
②会員ページ(BBnavi)にログインして契約書面をダウンロードしてプリントアウトして契約内容をチェックして下さい。端末と一緒に郵送で送られてくる書類とは内容が異なります。
③分からない事があったら会員サポートページのヘルプページにて検索して調べて下さい、電話では繋がりにくいですから。
④端末受け取り月を含めて11ヶ月目にキャッシュバック申請専用のURLリンク付きメールがGMOから送付されるとなってましたが、2017年11月末夕方ギリギリになってようやく届きました。つまりキャッシュバック申請期間は私の場合、2017年11月末から1ヶ月間でした。https://help.gmobb.jp/app/answers/detail/a_id/014383
⑤GMOポイントが毎月付与されますので、会員ページ(BBナビ)にてチャージして下さい。手続きすると毎月の利用料金から差し引かれます。
⑥更新月は端末受け取り月の翌月から25ヶ月目となってましたが、実際は更新月の前月の2019年1月21日?1月末までと更新月の2019年2月11日?20日までの間しか事実上、無料では解約しにくい仕組みになってました。更新月の2019年2月1日?10日の間は解約ボタンが使えませんし、サポートセンターに電話しても非常に混雑しててちゃんと繋がるかどうか分かりません。更新月の2月21日?2月末までに解約ボタンを押すと翌月3月解約扱いにされて翌月分まで課金されるだけでなく更に解約料10260円も引き落とされてしまいます。この辺のシステムも非常にややこしいですから早目に解約ボタンを押した方が無難でしょう。
https://help.gmobb.jp/app/answers/detail/a_id/014247
⑦解約日(私の場合は2019年2月末)を過ぎる迄に必ずWIMAXの電源を切ってsimカードを抜き取って下さい。解約日を過ぎてうっかりwimaxを使用すると、来月分まで利用料金を請求されてしまいます。
https://help.gmobb.jp/app/answers/detail/a_id/013984
⑧解約日が過ぎたらちゃんとSIMカードを封筒に入れて返却して下さい。SIMカードを返却し忘れると3000円+消費税が請求されます。
この8つのうち特に④?⑧だけはキチンと守って下さい。今から契約する場合はGMOよりはNextmobileの月20GBプランの方が安いらしいですから、そちらをオススメしますね。

引用元:Yahoo!知恵袋

的確な回答ですね。とにかく、ユーザーに優しくないと思われても仕方ない印象があるというのは事実です。ある程度ネットのリテラシーがある方向けのさーびすで初心者向けではないのかもしれません。ただ、基本的には契約して契約満了で解約するまで大きな問題にはなりませんので普通に使う分には問題ありません。

解約については基本的にBB Naviのマイページから手続き可能です。契約解除料だけ気にしておけば良いです。

公式サイトの評判、よくある質問

とくとくBB WiMAX公式サイトに寄せられた質問、口コミから評判を分析していきます。

質問

申込み手続き後、どのくらいで届きますか?

お申込み情報を確認後、端末機器を最短即日で発送いたします。
端末発送時に「登録受付確認メールアドレス」へ配送伝票番号をお知らせいたしますので、佐川急便のホームページより配送状況の確認が可能となります。

※審査や地域・お選びいただく端末の在庫状況により、即日発送ができない場合もございます。
※配送日時の指定は承っておりません。

引用元:GMOとくとくBB公式サイトよくある質問

口コミ・評判を踏まえた総評~とくとくBB WiMAXはおすすめできる?

上記の口コミ・評判を踏まえて当サイトのプロバイダー・ワン編集長よりとくとくBB WiMAXはおすすめできるか解説します。

とくとくBB WiMAXはキャッシュバックと解約にシビアな条件をつけているので少し扱いづらい点もあるでしょう。ただし、正しく手続きをしてキャッシュバックを受け取り、解約可能月まで普通に使うぶんには大きな問題はありません。WiMAXはどのプロバイダーでもネット接続においては同じサービス内容となりますので他社よりも実質月額費用を安く抑えて利用するならとくとくBB WiMAXをおすすめできます。

批判的な口コミも多いですが、普通に使う分には問題ありません。少しネットリテラシーがある方のほうが利用しやすいかもしれません。初心者の方はサポートを重視して他社プロバイダーでも良いと思います。

まとめ とくとくBB WiMAX

とくとくBB WiMAXについてまとめます。

筆者はGMOのWiMAX担当者と直接話したこともありますが、とにかく他社よりも安いプロバイダーを目指したキャンペーンの打ち出し方をずっと続けてきました。

とくとくBB WiMAXの口コミを見る限り、様々な批判的な意見はあるものの、個人的に一時期利用していたこともありますが、普通に利用していて大きな問題はありませんでした。

とにかく最安を目指すプロバイダーですので、利用者としても安いWiMAXプロバイダーを利用したいならとくとくBBがおすすめです。

  • 実質月額費用が最安
  • 20日以内のキャンセル可能
  • 端末の即日発送に対応しているので届けばすぐに使える

今月のキャンペーンは以下の通りです。キャンペーンは期間限定となりますのでご注意ください。

GMO とくとくBB WiMAX 2+

  • キャッシュバック最大31,000円
  • 月額値引きプランはギガ放題で月額2,590円~
  • 20日以内なら返品キャンセルOK
  • WiMAX端末の最短当日発送に対応
とくとくBB WiMAXの特徴解説&口コミ・評判
実質月額/契約年数 3,448円/3年間
キャンペーン特典 最大31,000円 キャッシュバック
月額料金 3,609円~
初期費用 3,000円
端末代 無料
支払い方法 クレジットカード

とくとくBB WiMAX 申込みはこちら(キャッシュバック特典)

とくとくBB WiMAX 月額値引きプランはこちら

キャンペーン期間:2020年9月30日まで

月額実質費用が最安のWiMAXプロバイダーをお探しなら以下の記事を参考にしてみてください。

その他のポケットWiFi全般を比較して探されている方は以下の記事も参考にしていだけます。

監修 牧村和慶

株式会社Crepas 代表取締役
大手電機メーカーのSE、プロバイダーでの業務経験をいかし、インターネットプロバイダーの情報メディアを立ち上げる。近年はお金に関わる分野の取材活動を行っており、債務整理、カードローン、節約など、お金に関わる問題解決に尽力している。

関連記事