元プロバイダー社員がレンタルWiFiを徹底比較!!2021年8月おすすめ4選(1日~1ヶ月短期)

このページでは、大手インターネットプロバイダーに勤務していた元社員の運営者(プロフィールはこちら)が、本当におすすめできるレンタルWiFiとその選び方、口コミ・評判、全てをお伝えする総まとめ・完全版を解説します。

プロバイダー社員時代、従事していたプロバイダー業務の経験を踏まえて、本当におすすめできるレンタルWiFiを選ぶために公正な比較でおすすめレンタルWiFiを紹介しています。当サイトの監修、運営者情報につきましては運営者情報をご覧ください。


WiFiをレンタルしたい、WiFiを短期間だけ使用したいとお考えの方、1日単位でWiFiを使いたいという方はレンタルWiFiを検討してみることをおすすめします。

昨今のレンタルWiFi業界は無制限の通信量を確保したWiFiや通信量は少ないものの短期利用で安いWiFi端末を借りられたりとサービスが多種多様になってきています。

よって、レンタルWiFiをどう使いたいのか、どのくらいの期間使いたいのか、料金重視で安いWiFiを探すのか、目的や重視したいポイントにあわせて決めることが重要となってきます。

※当サイトは元プロバイダー社員が全面監修しています。

2021年8月おすすめの短期レンタルWiFi

短期間、WiFiをレンタルして利用するなら費用と返却のしやすさなどがあげられます。現在はレンタルWiFiの事業者は複数ありますが、クラウドSIM対応WiFiまたはWiMAXやソフトバンクなどの大手キャリアの端末を提供しているものに分けられます。

なお、長期利用、契約期間2年や3年を想定したレンタルWiFiを選ぶなら以下の記事で紹介するWiFiから探したほうがコスパの良い安いモバイルWiFiを見つけられます。

短期といっても1日単位だったり、契約期間の縛りなしで販売している事業者がありますので、まずは利用する期間をしっかり想定した上で選ぶのが良いでしょう。

結論、超短期(1日単位)の利用と1ヶ月上半年未満の短期利用を想定し、2つのレンタルWiFiがベストという結論に至りました。

1日単位の短期利用ならNETAGEレンタルWiFi

おすすめする全理由

  • 1日単位でWiFiをレンタルできる
  • 様々なキャリア(ソフトバンクやWiMAX、クラウドSIM対応Wifiなど)を自由に選べる
  • 少し古い端末(旧機種)ならかなり安い
  • ポスト投函に対応、返却キットがあり、返却が容易

NETAGEのレンタルWiFiはモバイルプランニングというMVNOなどプロバイダー事業を行う会社が運営しているサービスで、1日単位のWiFiレンタルが可能です。

私も実際にクラウドSIM対応のWiFiを借りてみましたが、比較的安価な点や、申し込みが簡単で日時指定で端末が届き、端末の速度も申し分なく、返却も容易で利用開始から返却まで使いやすいサービスでした。

NETAGEのレンタルWiFiの詳細・申込みはこちら

1ヶ月以上半年未満ならクラウドWiFi

おすすめする全理由

  • 月額3,718円(税込)で100GB使える
  • 契約期間の縛り無しが基本プランだからいつでも解約可能
  • 最短即日端末発送に対応
  • 海外利用可能

上記したように、1ヶ月以上利用するならクラウドWiFiがおすすめです。なんと言っても、契約期間縛り無しというサービスが前提となっていますので、解約にお金がかかりません。

よって、1ヶ月で解約しても良いですし、半年たって解約するのも余分なお金はかかりません。

クラウドWiFiの詳細・申込みはこちら

クラウドWiFiは現在、当サイト限定のクーポン入力で初期費用が値引きされますので、詳細は以下の記事をご覧ください。

短期のレンタルWiFiの選び方

短期利用で選ぶレンタルWiFiを選ぶポイントはいくつかありますが、最大のポイントはご自身が想定する利用期間です。

以下、レンタルWiFiを選ぶ上で考えるべきポイントをまとめましたのでチェックしてみてください。

利用期間(レンタル期間)

第一に想定するレンタル期間です。

短期利用を想定したレンタルWiFiは利用期間によって大きく価格が異なっています。

したがって、安易に選んでしまうと費用が高くついてしまって、相当割高になってしまったというケースはよく起こりえます。

ですので、短期といってもどのくらい期間を借りるのか、1日単位なのか1ヶ月単位なのか、半年間や1年間弱となるのかレンタルWiFiで借りる前に想定する期間をご自身で決めておきましょう。

このページでも紹介している通り、期間によっておすすめできるレンタルWiFiは異なります。主に、以下の3パターンで考えてみましょう。

  1. 1日単位1ヶ月未満
  2. 1ヶ月以上半年未満
  3. 半年以上1年未満
  4. 1年以上

これ以上の1年程度使う想定であれば、契約期間が1年や2年使う可能性があるなら契約期間が年単位で定められたWiFiをおすすめします。

それぞれの利用でおすすめのWiFiは当ページのおすすめWiFi記事をご覧ください。

1年前後使う可能性があるなら以下の記事も参考にしていただけます。

契約期間の縛りについて

短期で利用する、どれくらいの期間使うか今の所不明、利用する期間は考えていないということであれば契約期間が定められていない契約期間の縛りが無いWiFiがおすすめです。

契約期間縛り無しの場合は解約に伴う、違約金不要という考えでいつでも解約してOKというWiFiです。

縛り無しなら、いざ解約しようと思っても違約金不要なので余計な費用を払う必要はありません。

超短期で1日単位で使うということでもOKですが、その場合は割高感が少し出てきてしまうので、半年未満など一定期間使うなら縛り無しのWiFiが良いでしょう。

話は少し逸れますが、ポケットWiFiとして人気のWiMAXは通常2年や3年の契約期間となっていますが、一部のサービスで契約期間縛り無しで利用することが可能となっています。

レンタル費用総額

どの端末を借りるかによって費用は大きく異なりますが、最低限インターネットを使えれば良いということなら費用重視で選びましょう。

レンタルにかかる費用は主に以下の考え方になります。

項目 想定される費用
利用期間にかかる料金 150円~800円前後/1日
3,380円前後/1ヶ月
※事業者により異なります
事務手数料 3,300円(税込)
保障オプション 400円台~500円台(任意)
送料(発送・返却) 1,100円(税込)
※事業者により異なります

以上のように、意外と費用がかかります。

私が1ヶ月間、クラウドSIM対応WiFiを借りてみた例をあげると以下の通りです。

NETAGE クラウドWiFi レンタル マンスリー プラン(C1) G4Max
1ヶ月間利用料金:7,650円(税込み)
保障オプション:440円(税込み)
送料(往復):1,100円(税込み)
総額:9,190円(税込み)

意外とお金がかかる印象を持たれるかもしれませんが、契約期間が決まったWiFiと比較すると違約金で2万円前後かかることを考えると安いです。

上記の場合は事務手数料はかかりませんが、送料がかかるのが難点です。

とはいえ、1ヶ月間という期間でかかる総額で考えると他社と比較しても安いクラスになります。

通信量制限

レンタルWiFiを利用する際、利用期間にもよりますが、通信量制限も考えておかなければなりません。

例えば、1ヶ月以内、1日単位で利用するなら通信量も多くは必要ないと考えられますので、通信量が数十GB程度でも問題ないでしょう。

一般的に通信量が少ないサービスなら料金は安く抑えられています。

借りる端末によって利用できる通信量も料金も異なりますが、安さを重視するなら通信量は少なめでも良いですね。

とはいえ、短期間でも動画をたくさん見る、大容量のデータ通信、オンラインゲームなど含め通信量が多めになりそうということであればソフトバンクの無制限利用可能な端末をレンタルするなど柔軟に選ぶことをおすすめします。

100GBや50GB程度ならクラウドSIM対応WiFiも選択肢に入ってくるでしょう。

当サイトで紹介しているNETAGEのレンタルWiFiなら様々なキャリアの端末を1日単位で借りられるサービスが提供されているので、想定される通信量を考えながら料金と天秤にかけて選ぶと良いでしょう。

通信速度

レンタルWiFiは通信速度も考えるべきポイントの一つです。

当サイトでも紹介しているクラウドSIM対応Wifiの場合は通信速度は下りで150Mbps程度となっています。

WiMAXと比較すると速度は遅いですが、ほとんどのレンタルWiFiで100GB前後の通信量を確保しているので短期利用なら使いやすく、それほど通信量を気にせず使えます。

通信速度が速い、高速通信を重視するならWiMAXやドコモやソフトバンク(例えば、モバレコAirやソフトバンクAirなど)のデータ端末がおすすめです。それらのサービスなら下り1GBBps前後の理論値となっていますので、高速通信が期待できます。

レンタルWiFi選び方まとめ

レンタルWiFiを選ぶなら選択可能なポケットWiFi、自分の使い方を考えて借りるのが良いでしょう。

以下はポケットWiFiのサービス比較表になりますので、短期利用で借りる端末を検討する上で参考にしてみてください。

 

表:ポケットWiFi(高速モバイルインターネット接続サービス)の比較表

WiMAX 2+
(ギガ放題)
クラウドSIM対応WiFi
(無制限WiFi)
携帯キャリア
主なプロバイダ NETAGE、他 クラウドWiFi、Mugen WiFi、他 NTTドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル
通信速度※ 下り最大1.2Gbps
上り最大30.0Mbps
下り最大150Mbps
上り最大50.0Mbps
下り最大988Mbps
上り最大37.5Mbps
エリア 人口カバー率100% 人口カバー率100% 人口カバー率100%
回線 WiMAX ドコモ、au、ソフトバンク ドコモ、au、ソフトバンク
通信制限 3日間で10GB ~1日5GB、~月間150GBなど
※各社で条件は異なる
3日間で10GB
月間7GB、月間20GBなど
※事業者、端末により異なる
レンタル料金例 短期の場合、1日800円台~
長期の場合、1ヶ月3,800円台~(端末は買取)
短期の場合、1ヶ月間9,000円台~(返却送料込み)
長期契約の場合、1ヶ月間3,000円台~(端末は買取 or レンタル)
短期の場合、1日400円台~

※端末によって通信速度は異なります。

長期契約(1年~3年程度)での利用を検討されたい方でクラウドSIM対応のWiFiを検討されたい方は以下の記事を参考にしていただけます。

こちらも1年以上使うということなら、WiMAXも検討しても良いでしょう。WiMAXは実質月額費用の安さで選ぶことがポイントになります。

契約期間によるWiFi料金の違い

契約期間縛りがある場合と契約期間の縛りがないWiFi、そして1日単位で借りられるレンタルWiFiとで何が異なるでしょうか?

ここではよく似たプランである契約期間の縛りありの「クイックWiFi」とも比較しながら考えてみます。

表:契約期間とレンタルWiFi料金の比較表

NETAGE レンタルWiFi クラウドWiFi クイックWiFi
契約期間 1日単位で自分で決める 無し 2年間
料金 1日あたり400円台~ 月額3,718円(税込) 月額3,718円(税込)
事務手数料 無し 3,300円 3,300円
送料(返却含む) 1,100円(税込)前後 返却送料500円(税込)前後 返却送料500円(税込)前後
解約料 無し 無し 途中解約で解約料4,500円+端末割賦代金の残額
キャンペーン キャッシュバックなど
2週間で解約した場合の料金例
(事務手数料や送料含む)
約3,000円前後(税込)~ 約7,000円前後(税込) 3万円以上
※解約料や端末割賦代金含む
1ヶ月間で解約した場合の料金例
(事務手数料や送料含む)
約3,000円前後(税込)~
※レンタルする端末により異なる
約7,000円前後(税込) 3万円以上
※解約料や端末割賦代金含む
6ヶ月間で解約した場合の料金例
(事務手数料や送料含む)
約50,000円前後(税込)~
※レンタルする端末により異なる
約25,000円前後(税込) 約50,000円前後(税込)
※解約料や端末割賦代金含む

上記の表の通り、それぞれ利用する期間によってメリット・デメリットがあります。

利用する期間が短けれは短いほど、1日単位で借りられるWiFiに利点があります。NETAGEという会社のWiFiは月額上限の金額が決まっていますので、1日単位で借りて結果として1ヶ月使ったとしてもこれ以上料金が増えないという料金設定がなされているので、1日~1ヶ月程度使うならお得です。

1ヶ月以上となると縛り無しWiFiのクラウドWiFiに分があります。半年でも25,000円前後で解約料もかからないので一番お得に利用可能です。

契約期間縛りがあるタイプのWiFiの場合は契約満了まで使わないと端末代の割賦代金や解約料が必要になってきますので時期によっては相当損をする可能性があります。

1年以上使うような場合はポケットWiFiで選ぶかビッグローブWiMAXなどがおすすめです。

2021年8月版レンタルWiFiおすすめ4選

当サイトおすすめの根拠は費用の安さと返却のしやすさを重視した上で、4つのレンタルWiFiを厳選しました。

利用期間や目的に対して実質かかる費用などは異なるため、今回はランキングとはせず、あらゆる観点でおすすめのWiFiレンタルサービスを理由を添えて紹介していきます。

1ヶ月以上半年未満レンタルでおすすめ

クラウドWiFi

クラウドWiFiの大きな特徴は標準の料金プランにおいて、契約期間の縛りが無いことです。

月額3,718円(税込)、月間100GBまで使えて解約時の違約金無し、1ヶ月以上半年程度使う想定なら非常にコストパフォーマンスの良いレンタルWiFiとなっています。

クラウドWiFi
  • 月額3,718円(税込)で月間100GBで利用できる
  • 当サイト限定のクーポンコード入力で事務手数料500円引き
  • クラウドSIMでNTTドコモ、au、ソフトバンクの回線を自動選択
  • 契約期間の縛りなし、解約金0円でいつでも解約できる
  • 端末即日発送&店頭受け取りも可能
クラウドWiFiの特徴解説&口コミ・評判
実質月額/契約年数 3,993円(税込)/縛り無し
※1年間で試算
キャンペーン特典 事務手数料500円割引
※当サイト限定クーポンコード入力が必要です
月額料金 3,718円(税込)
初期費用 3,300円(税込)
端末代 無料(レンタル)
支払い方法 クレジットカード

クラウドWiFi 申込みはこちら

当サイト限定で事務手数料500円引き(クーポンコード入力必要)

クーポンコード:cloudpro

縛り無しWiFi

縛り無しWiFiはオプションで「縛り無しプラン」を選択することで契約期間の縛り無しで利用可能です。縛りありと無しでは価格差700円ほどですが、いつでも解約できるので1ヶ月以上、1年未満の利用ならおすすめです。在庫薄ではありますがWiMAXもレンタル可能となっています。

縛りなしWiFi
  • 30GB、契約期間の縛り無しなら月額3,366円(税込)で利用可能
  • 緊急事態宣言中は月額550円で使える生活応援キャンペーン中
  • 契約期間縛りなし、1日2GB、月間30GB、WiMAXなど多数の契約プランから選べる
縛りなしWiFiの特徴解説&口コミ・評判
実質月額/契約年数 3,905円/-
※縛りなし通常プラン1年換算
キャンペーン特典  緊急事態宣言中は月額550円で使える
月額料金 3,366円(税込)~ 縛り無し30GB
2,926円(税込)~ 縛りあり30GB・3年
初期費用 3,300円
端末代 無料(レンタル)
支払い方法 クレジットカード、口座振替

縛りなしWiFi 申込みはこちら

1日単位、1ヶ月未満レンタルでおすすめ

NETAGEレンタルWiFi

NETAGEのレンタルWifiモバイルプランニングという会社が提供するレンタルWiFiサービスです。

端末によっては1日100円台から利用できるレンタルWiFiも用意されています。ドコモ、au、ソフトバンク、WiMAX、クラウドSIM対応WiFiなどあらゆるキャリアのレンタルが1日単位、1ヶ月単位で借りることが可能となっています。

1日単位で使えるものの、1ヶ月の上限料金も設定されており、短期のレンタルWiFi業界ではお得に契約できるのでおすすめできます。

NETAGE
  • 1日単位、1ヶ月単位の超短期のレンタルが可能
  • ドコモ、au、ソフトバンク、WiMAX、クラウドSIMなどあらゆる端末を用意
  • 返却はポスト投函できるから簡単・便利
  • マンスリープラン(1ヶ月単位契約)なら雑誌・漫画読み放題
NETAGE レンタルWiFiの特徴解説&口コミ・評判
実質月額/契約月数 3,080円(税込)~/1ヶ月
※端末によって異なります
キャンペーン特典 6ヶ月間最大半額キャンペーン
月額料金 1ヶ月1,980円(税込)~
1日420円(税込)~
※端末によって異なります
その他費用 事務手数料無料
送料(往復)1,100円(税込)
端末代 無料(レンタル)
支払い方法 クレジットカード、請求書(法人)

NETAGE レンタルWiFi 申込みはこちら

WiFiレンタルどっとこむ

WiFiレンタルどっとこむはプロバイダー事業を展開する株式会社ビジョンという会社が運営するサービスです。VISION WiMAXやグローバルWiFiなど様々な通信事業を手掛けており、プロバイダーの分野では比較的知名度が高い会社です。

WiFiレンタルどっとこむではソフトバンク、au、WiMAXの端末を1日単位、1ヶ月単位でレンタルすることが可能です。1日440円からレンタル可能です。ソフトバンクのデータ端末に強いレンタルWiFi事業者です。

WiFiレンタルどっとこむ
  • 1日単位、1ヶ月単位の超短期のレンタルが可能
  • ソフトバンクやWiMAXのデータ端末のラインナップが豊富
  • 最短即日発送、返却はポスト投函OK
  • 無制限で利用できる端末も取り扱いあり
WiFiレンタルどっとこむの特徴解説&口コミ・評判
実質月額/契約月数 5,060円(税込)~/1ヶ月
※端末によって異なります
キャンペーン特典 -
月額料金 1ヶ月3,960円(税込)~
1日440円(税込)~
※端末によって異なります
その他費用 事務手数料無料
送料(往復)1,100円(税込)
端末代 無料(レンタル)
支払い方法 クレジットカード

WiFiレンタルどっとこむ 申込みはこちら

レンタルWiFi契約前に確認すべきこと

レンタルWiFiは通常の年単位で借りるWiFiと比べて返却や延長利用はより注意する必要があります。

以下、注意点をまとめましたので、利用前に確認しておいてください。

解約について

一般的に短期利用のレンタルWiFiでは解約の概念がありません。

解約は返却とイコールという考えになっていますので、返却して返却先に届いたタイミングで料金が決定されます。ポスト投函においては追跡システムに返却情報が入ったタイミングで返却扱いになるケースがほとんどです。

ただし、クラウドWiFiのような契約期間縛り無しのものについては解約の連絡は必要です。

解約手続きを行った上で、端末の返却を行います。その際、具体的な端末返却の指示がありますのでよく確認しておきましょう。

必ず当社HP上にあるお問合せフォームの「解約」から解約依頼のご連絡をお願いいたします。

ご解約の締切日は毎月15日となります。16日以降のご解約依頼に関しては翌月末のご解約となりますので予めご了承ください。

※お問合せフォーム以外からののご解約依頼は一切お受けできませんのでご了承ください。

引用:解約方法(クラウドWiFi)

レンタルWiFi事業者によって解約の考え方が若干異なるので申込のタイミングで事前に確認しておくことをおすすめします。

返却方法

端末の返却方法は短期レンタル専門の業者であれば返却は簡単に行えるように事前に準備されています。

例えば、NETAGEのレンタルWiFiの場合はポスト投函ができるようになっており、返却の手順も簡単です。

NETAGEレンタルWiFi端末のゆうパケットによる返却

クリアケースに入った状態で端末が届きますので、返却の際もそれを利用して専用の封筒に入れて投函します。

こちらのWiFi事業者の場合は送料は事前に払っていることになりますので、事前に用意されている着払い用の伝票を貼ってポスト投函または郵便局で渡すだけです。

もちろん、宅急便でも対応していますので、返却で困ることはありません。丁寧に説明資料も添付されているので全く問題はないと思います。

その他の、月単位で利用できるWiFi事業者においては返送時は自分で梱包するなどして返却が必要です。

そういう意味では短期利用が可能なWiFiレンタル事業者は手厚いサービスと感じます。

以下はクラウドWiFiの返却についてですが、送料負担で追跡可能な方法で端末を送る必要があります。

返送時の送料はお客様ご負担となります。
ご返送期日はご解約月の翌月の3日までにご発送ください。
当社HPに記載のある「解約時返送先住所」の宛先へ、レターパックや宅配便などでの追跡のできる方法でご返送ください。

引用:クラウドWiFi 端末返却方法

返却費用(送料負担)

返却の費用については、短期のレンタルWifi(NETAGEやレンタルWiFiどっとこむ)などは申込時に返却を含めた送料が費用に含まれています。

無料というわけではありませんが、申込みの段階で払いますので、自分で送料を負担して発送するようなことはありません。

送料はだいたい往復で1,100円(税込)となっています(地域によって差がある場合があります)。

一方で縛り無しで展開する月単位で利用するWiFiについては自分で郵便局やヤマト運輸(コンビニ含む)にて発送の手続きを行う必要があります。

たいてい、利用者負担となり、宅急便コンパクト程度の大きさのもので発送することにあり、送料は500円前後かかります。

期日までに自分で発送しないといけないことについては少し面倒に感じられるでしょう。

送料はかかりますか?

お申し込み時にご選択いただくお受取り方法・ご返却方法により、送料(手数料)がかかります。
初回のご請求に合算して、ご登録のクレジットカードへご請求させていただきます。

■ポスト返却の場合
返却手数料:517円(税込)/台
※必ず同梱の専用伝票・封筒にてポスト投函をお願いします。

■宅配の場合
発送料:1台550円(税込)、2台以上の場合1,100円(税込)
返却料:お客様ご負担(返却時に送料のお支払いをお願いします)
※同梱の伝票をご利用いただくか、ゆうパックや佐川急便など発送記録の確認ができる送付方法で発送をお願いします。
配送業者の追跡システム上での発送日が解約日となります。

引用:WiFiレンタルどっとこむ返却について

延長について

WiFiを利用していて、もう少しの期間だけ延長して使いたいという場面がでてくると思います。

延長は基本的にウェルカムになっていますので、問題なく延長可能です。

短期利用のレンタルWiFi事業者の場合は申込時に使う期間を指定して契約しますので、その場合は延長する際は追加費用が発生します。

延長方法については「自動延長」となっているところがほとんどなので特に手続きは必要ありません。

延長にかかる追加費用がどれくらいになるかだけしっかり把握しておく必要があります。

WiFiレンタル自動延長について

参考:自動延長システムについて(WiFiレンタルどっとこむ)

なお、1ヶ月単位で契約するようなmugen wifiTHE WiFiについては、契約期間の延長で別途契約は必要ありません。

縛り無し契約のWiFiであるクラウドWiFiなどは契約期間に指定がないので延長の手続きは必要ありません。

使いたいときまで使って、解約したくなったら解約の連絡を行って端末を返送すればOKです。

端末によって通信品質や通信速度が異なる

レンタルするWiFi端末または事業者によって通信品質や通信速度が異なることは必ず理解しておきましょう。

月間の通信量が決まっている事業者であっても無制限で利用できる場合であっても、利用するエリア、地域、場所、時間帯によって速度は異なりますし、そもそも繋がりやすい繋がりにくいといった接続性・通信品質も異なります。

一概に速い・遅いといった評価はしづらいのが正直なところです。

通信速度

端末に対しては仕様として速度が異なります。

上記で解説した「ポケットWiFi(高速モバイルインターネット接続サービス)の比較表」でもお伝えしたように、利用するWiFiサービスによって速度は大きく変わってきます。

WiMAXならレンタル端末によって最大下り1.2Gbps、クラウドSIM対応WiFiなら下り最大150Mbps、その他の携帯キャリアのデータ端末においては端末によって速度が異なるの一概にこの理論値の速度が出るといえないのですが、最大で1Gbps前後、遅い端末なら150Mbpsと速度が異なるので借りるときに速度の数字は見ておいたほうが良いでしょう。

以下の動画でレンタルWiFiを含め通信速度の実測値を計測、比較解説した動画を公開していますので速度が気になる方は以下の動画またはポケットWiFiの速度比較記事をご覧ください。

モバイルWiFi6社速度比較

YouTube動画 モバイルWiFi6社 速度比較&WiFi選びの注意点

速度重視ならWiMAXやソフトバンクやドコモの端末で速度が速いものを選びましょう。

通常、速度が速いものはレンタル費用は少し高く設定されている傾向にあります。

WiMAXについて補足ですが、WiMAX+5Gという次世代高速通信サービスが2021年4月より開始されています。

レンタルWiFiとして選択はまだできませんが、今後入ってくる可能性が高いです。

こちらは通信速度下り最大2.7Gbps(ホームルーター利用時)となっており、従来のWiMAXよりかなり速い速度となっています。クラウドSIM対応WiFiと比較すると速度の差は歴然です。

レンタル可能となりましたらこのページでもお知らせ致します。

エリア

エリアについては現在、ほとんどのエリアで利用できるようになっており、人口カバー率100%と言われています。

田舎や山や海沿いではドコモやauなどが強い印象ですが、日本ではほとんどのエリアで利用可能です。

WiMAXのみ他のWiFiサービスと基地局の数や通信技術が異なるので接続にしやすさや速度はばらつきがあります。

クラウドSIM対応WiFiについてはドコモ、au、ソフトバンクの通信キャリアネットワークに自動接続されますので、接続については問題ないでしょう。

ただし、同時使っている利用者が多い場合などは若干遅くなったり、つながりにくくなったります。それでも全くつながらないといったことはほとんどなくなっていますので、余計に不安にならなくても良いかと思います。

新品ではなくレンタル品を利用することについて

あくまでレンタルWiFiは他人がレンタルして使用したものをまた貸し出して使うことになります。

あくまで新品ではありませんので、他のWiMAXのように新品提供が前提となっているものと比較すると届いた端末が少し傷があったり汚れていたり、明らかに新品ではないと感じるものが届きます。

新型コロナウイルス感染症が流行する現代においては端末は消毒等によって綺麗にした状態で貸し出しをされていますが、気になる人は気になるところです。

レンタル品を使うことそのものが気になる場合はWiMAXクラウドSIM対応WiFiの新品で買取として提供されるものを選んだほうが良いでしょう。

レンタルWiFiの法人契約について

レンタルWiFiは大口契約、複数端末の契約として法人窓口が用意されています。

例えば、WiFiレンタルどっとこむでは法人専用の契約窓口があるので、5台以上の契約になればそちらから見積もりをとることになります。

参考:法人専用問い合わせフォーム(WiFiレンタルどっとこむ)

個人と法人の契約の違いは、レンタルすること自体に特別違いがあるわけではなく、契約台数によって異なります。

台数が少なければ通常の窓口で契約可能です。

なお、支払いについては法人の場合、請求書による支払いになる場合もあり、クレジットカード払いが主体の個人とは支払い方法が異なる場合があるので確認が必要です。

参考:法人契約について(NETAGEレンタルWiFi)

レンタルWiFiの口コミ・評判

ここでは短期レンタルWiFiや縛り無しで利用できるレンタルWiFiを中心にSNSの気になる口コミを紹介していきます。

twitterの口コミ

ツイッターの口コミは以下の通りです。

レンタルWiFiの利用用途として光回線など工事に合間に利用されることが多いようです。

コロナの前はビジネス用途で使う方も多かったですが、コロナ禍では長期契約のWiFiや光回線の需要が高まっています。

Instagramの口コミ

 

この投稿をInstagramで見る

 

なるけだ(@narukeda)がシェアした投稿

 

 

Yahoo!知恵袋の口コミ

Yahoo!知恵袋で有益な質問・回答をピックアップして評判を分析していきます。

質問:WiFiレンタルどっとこむって怪しいところではないですか? 自宅でライブ配信見るために2日だけWiFiレンタルしたいのですが…

回答:利用者は多いですからそう心配す津ころではないでしょう。 送料もかかりますよ。 ギガは余裕をもってください。

出典・引用元:Yahoo!知恵袋

質問:WiFiレンタルって店舗ごとに料金が違いますが、借りられるWiFiが違うとか、そういう理由で料金に差が出るのでしょうか?

今後WiFiをレンタルする機会が増えそうなんですが、できれば安く済ませたい、かといって使い勝手が悪いのも困ります。

もし同じWiFiでも料金に差があるとしたら、高い店舗だと損ですよね?だったら安い店舗から借りたいです。

自分ではその辺よく分からないので、詳しい方がいたら教えてもらえませんか?

回答:私の経験上、どのお店からレンタルしてもWiFiの機能は同じだと思います。

大抵のお店で使い方に合わせてキャリアや機種が選べますし、WiFi自体の機能は仮にメーカーが違ってもそんなに差はないと思います。

出典・引用元:Yahoo!知恵袋

よくある質問

質問:利用終了日までに発送できなかったのですがどうしたらいいですか?

回答:自動延長となりますので、ご返却予定日を過ぎましてもお手続きやご連絡は不要でそのままご返却いただけます。

出典・引用元:WiFiレンタルどっとこむ よくある質問

質問:延長したいのですが何か手続きが必要ですか?

回答:自動延長となりますので、ご返却予定日を過ぎましても、お手続きやご連絡は不要でそのまま継続してご利用いただけます。※はじめからレンタル期間を7日間を申し込む場合と、もともと5日間で申し込んで2日間延長する場合、レンタル料金が同じとなりますので、急な予定変更があっても安心してご利用いただけます。

出典・引用元:WiFiレンタルどっとこむ よくある質問

質問:在宅勤務(テレワーク)での利用は可能でしょうか?

回答:ご自宅やサテライトオフィスなど場所を選ばずいつでも簡単にテレワークをご利用いただけます。 テレビ会議をご利用の場合は、ソフトバンクの無制限・大容量タイプをおすすめいたします。

出典・引用元:NETAGE WiFiレンタルよくある質問

質問:料金はいつから発生しますか?料金はいつまで発生しますか?

回答:お申し込み時にモバイル機器のお届け日時をご登録いただきます。
そのお届け日からレンタル料金がかかります。
モバイル機器をお届けした日がレンタル開始日(課金開始日)となります。

お客さまが宅配取次店(コンビニ等)にてご返却発送した日までレンタル料金(日割なし)がかかります。
モバイル機器を返却発送した日がレンタル終了日(課金終了日)となります。

出典・引用元:NETAGE WiFiレンタルよくある質問

質問:最低レンタル期間はありますか?また、契約期間の縛りはありますか?

回答:最低レンタル期間は1日から末日までの1ヵ月間となります。

最低レンタル期間の1ヵ月が経過した後であればいつでもご解約いただけます。

出典・引用元:NETAGE WiFiレンタルよくある質問

質問:契約後のプラン変更は可能ですか?

回答:プランごとに対応できるものとできないものがあります。

■縛りなしプラン
可能となっております。
ご希望の際は お問合せフォームよりご連絡下さい。

■縛っちゃうプラン
ご対応は出来兼ねております。

※プラン変更につきましては、動画でもご紹介しておりますのでこちらもご覧ください。
【縛りなしWiFi】プラン変更のご紹介

出典・引用元:縛り無しWiFi よくある質問

レンタルWiFiのまとめ

以上、レンタルWiFiの選び方や契約期間や契約前の注意点、口コミなど、このページをご覧いただければレンタルWiFiをどう選んで、どう使うかを多少なりともご理解いただけたかと思います。

最後にまとめとして、今月一番おすすめのレンタルWiFiを再度紹介しておきます。

1日単位、1週間や2週間、1ヶ月未満の短期利用ならNETAGEやWiFiレンタルどっとこむが返却のしやすさや用途や頻度に合わせて多くの端末を扱っている点でおすすめです。

NETAGE
  • 1日単位、1ヶ月単位の超短期のレンタルが可能
  • ドコモ、au、ソフトバンク、WiMAX、クラウドSIMなどあらゆる端末を用意
  • 返却はポスト投函できるから簡単・便利
  • マンスリープラン(1ヶ月単位契約)なら雑誌・漫画読み放題
NETAGE レンタルWiFiの特徴解説&口コミ・評判
実質月額/契約月数 3,080円(税込)~/1ヶ月
※端末によって異なります
キャンペーン特典 6ヶ月間最大半額キャンペーン
月額料金 1ヶ月1,980円(税込)~
1日420円(税込)~
※端末によって異なります
その他費用 事務手数料無料
送料(往復)1,100円(税込)
端末代 無料(レンタル)
支払い方法 クレジットカード、請求書(法人)

NETAGE レンタルWiFi 申込みはこちら

1ヶ月単位で半年未満、契約期間の縛りがないので解約料が不要、自由に利用する期間を選べるクラウドWiFiや縛り無しWiFiがおすすめです。

クラウドWiFi
  • 月額3,718円(税込)で月間100GBで利用できる
  • 当サイト限定のクーポンコード入力で事務手数料500円引き
  • クラウドSIMでNTTドコモ、au、ソフトバンクの回線を自動選択
  • 契約期間の縛りなし、解約金0円でいつでも解約できる
  • 端末即日発送&店頭受け取りも可能
クラウドWiFiの特徴解説&口コミ・評判
実質月額/契約年数 3,993円(税込)/縛り無し
※1年間で試算
キャンペーン特典 事務手数料500円割引
※当サイト限定クーポンコード入力が必要です
月額料金 3,718円(税込)
初期費用 3,300円(税込)
端末代 無料(レンタル)
支払い方法 クレジットカード

クラウドWiFi 申込みはこちら

当サイト限定で事務手数料500円引き(クーポンコード入力必要)

クーポンコード:cloudpro

縛りなしWiFi
  • 30GB、契約期間の縛り無しなら月額3,366円(税込)で利用可能
  • 緊急事態宣言中は月額550円で使える生活応援キャンペーン中
  • 契約期間縛りなし、1日2GB、月間30GB、WiMAXなど多数の契約プランから選べる
縛りなしWiFiの特徴解説&口コミ・評判
実質月額/契約年数 3,905円/-
※縛りなし通常プラン1年換算
キャンペーン特典  緊急事態宣言中は月額550円で使える
月額料金 3,366円(税込)~ 縛り無し30GB
2,926円(税込)~ 縛りあり30GB・3年
初期費用 3,300円
端末代 無料(レンタル)
支払い方法 クレジットカード、口座振替

縛りなしWiFi 申込みはこちら

長期的にWiFiを使うという方は以下のポケットWiFiの実質費用が安いサービスを選ぶのが良いでしょう。

動画で解説するレンタルWiFi

今回紹介したレンタルWiFiについて、選び方から実際に借りてみて使った様子を動画でも解説しましたので、以下の動画も合わせてご覧ください。

ご質問などございましたらお気軽にご連絡ください。お問い合わせフォームはこちら

牧村 和慶

牧村 和慶Kazunori Makimura

記事一覧

著者・監修 株式会社Crepas 代表取締役 牧村和慶
大学院卒業後、日本電気株式会社(NEC)に入社。数年間、SEや営業として大規模システムに携わった後、インターネットプロバイダーであるNECビッグローブ(現、KDDIグループ傘下のビッグローブ株式会社)へ出向。2013年に株式会社Crepasを創業。プロバイダーでの業務経験をいかし、プロバイダー分野の情報メディア運営、お金に関わる分野の取材活動を通じて、債務整理、カードローン、節約など問題解決に尽力している。

関連記事