元プロバイダー社員がどこよりもWiFiを本当におすすめか徹底解説!!【口コミ・評判】

元プロバイダー社員の私がどこよりもWiFiはどんな人に向いているのか、本当に契約して大丈夫か、解約方法は?使い勝手は?速度は遅い?無制限で使える?などを解説していきます。どこよりもWiFiの特徴やキャンペーン、世の中の口コミ・評判についても動画を交えて補足して紹介していきます。

この記事の監修・運営者情報はこちら

どこよりもWiFiの特徴

どこよりもWiFiのWiFiサービスは株式会社Wizが運営するプロバイダー事業です。後ほど詳しく紹介しますが、クラウドSIM対応WiFiThe WiFiMugen WiFiクイックWiFiなどとは異なり、ドコモのネットワークに接続するWiFiサービスとなっており、接続性や速度などは若干異なります。

一部のレンタルWiFi事業者でドコモ専用の接続端末をレンタル提供していますが、こちらは2年または契約期間縛り無しで利用できるWiFiとなっています。

WiFiを利用してインターネット接続するという点においては他のクラウドSIM対応WiFiやWiMAXなどのポケットWiFiと目的は同じですが、「どこよりもWiFi」ならではのキャンペーンが展開されているので用途や目的に合致すれば使うメリットはたくさんあります。

どこよりもWiFiですが、WiFiサービスとしてはどのような特徴があるでしょうか。

どこよりもWiFiの特徴は大きく分けて2つあります。1つは月間200GBの通信量のプランが用意されている点、そしてもう1つは料金が通信量に応じた段階制をとっているという点です。しかも、契約期間縛り無しのプランも用意されているなど契約しやすい料金体系となっています。こちらはドコモのネットワーク回線に接続するWiFiサービスのため、NTTドコモのみに接続されます。クラウドSIMようにauやソフトバンクへの接続はなされません。

以下より今月のキャンペーン及びメリット・デメリットなど解説していきます。

どこよりもWiFiのキャンペーン詳細

まずは今月のどこよりもWiFiのキャンペーン概要をご覧ください。月単位で目新しいキャンペーンは行っておりませんが、当サイトで逐次キャンペーン情報等をチェックし、最新化していますので申込みのタイミングで公式サイトも必ずご確認ください。

どこよりもWiFi
  • 月額900円からの段階制料金プラン
  • 月間200GBが月額4,400円(税込)で利用できるから1GBあたりのコスパが最安クラス
  • 契約期間縛り無しも選べる
  • 7日間の完全無料お試しが可能
  • ドコモのネットワークを使うので通信が安定
  • 最短翌日にポケットWiFi端末を発送
どこよりもWiFiの特徴解説&口コミ・評判
実質月額/契約年数 3,415円(税込)/2年間
キャンペーン特典 8日間お試しレンタル可能(月額料金、事務手数料0円)
段階制料金
月額料金 900円~4,400円(税込)
※2年割適用時・段階定額制
初期費用 3,300円
端末代 無料
支払い方法 クレジットカード

どこよりもWiFi 申込みはこちら

現在はお試しキャンペーンとして月額料金、事務手数料にかかる3,300円、解約料をすべて無料にして”完全なお試しレンタル”ができるようにしています。

どこよりもWiFiのお試しレンタル

以下よりどこよりもWiFiのメリット・デメリットを解説していきます。

どこよりもWiFiのメリット

どこよりもWiFiの特筆すべきメリットは以下の通りです。

  • 月額900円からの段階制料金プラン
  • 月間200GBが月額4,400円(税込)で利用できるから1GBあたりのコスパが最安クラス
  • 契約期間縛り無しも選べる
  • 7日間の完全無料お試しが可能
  • ドコモのネットワークを使うので通信が安定
  • 最短翌日にポケットWiFi端末を発送

月額900円~使った分だけ支払う段階制料金

以下の図の通り月額900円から使える段階制の料金プランを採用しているため、使った分だけ支払いが行われるようになっています。

どこよりもWiFi料金プラン

料金は月額900円、2年契約の月間5GB以下の使用でこの金額になります。

100GBまでの段階制の場合、4段階に分かれており、価格はそれに伴い変動するので無駄なく使えることになります。

他社のポケットWiFi、クラウドSIM対応WiFiでは月間20GBや30GBといった少し低容量のプランが設けられていますが、さらに細かく段階が分かれていることからより無駄なく通信費を節約しながら使うことができるのがどこよりもWiFiの最大の特徴です。このような段階制料金プランを採用しているWiFiは他にないのでどこよりもWiFiだけの特徴です。

なお、2年契約と契約期間の縛り無しのプランとで段階制料金が異なります。以下の表に詳しくまとめましたのでご覧ください。

表:どこよりもWiFiの料金プラン比較表

スタンダード(100GBまで) プレミアム(200GBまで)
契約期間 2年契約 契約期間縛り無し 2年契約 契約期間縛り無し
~5GB 900円 1,400円 900円 1,400円
~20GB 1,900円 2,400円 1,900円 2,400円
~50GB 2,900円 3,400円 2,900円 3,400円
~100GB 3,400円 3,900円 3,400円 3,900円
~150GB 3,900円 4,400円
~200GB 4,400円 4,900円

※価格は税込

なお、これらの料金をご覧いただいて分かるようにポケットWiFiを取り扱う他社と比較しても比較的安いサービスと分かると思います。

月間200GBが月額4,400円(税込)で利用できるから1GBあたりのコスパが最安クラス

どこよりもWiFi 200GBプレミアムプラン

どこよりもWiFiのもう1つの大きな特徴として200GBまで使えるプランが用意されている点があげられます。

月間200GB、2年契約で4,400円(税込)ということで、1GBあたりのコスパが最高に安くなっています。

なんと1GBあたり22円(税込)です。200GBたっぷり使いたい方はコストパフォーマンスが抜群なのでおすすめです。

この1GBあたりの単価でみると業界最安となっています(プロバイダー・ワン調べ)。

表:どこよりもWiFiと他社の1GBあたりの単価比較表

WiFiサービス名 月額料金 通信容量 1GBあたり単価
どこよりもWiFi 4,400円(税込) 200GB 22.00円(税込)
モンスターモバイル 3,828円(税込) 150GB 25.52円(税込)
Mugen WiFi 3,718円(税込) 100GB 37.18円(税込)
THE WiFi 3,828円(税込) 100GB 38.28円(税込)

※通常の月額料金で比較しています。キャンペーンを踏まえた場合、実質月額費用は上記金額とは異なります。
※どこよりもWiFiは2年契約時

200GBという他社が設定していない大容量プランとなっていますので、必然的に1GBあたりの単価は抑えられ、とにかく大容量を安く利用することが可能です。

オンラインゲーム、動画視聴などヘビーユーザーにも満足できる容量となっています。

しかも段階制となっていますので使わなければ最大の金額まで支払う必要もありますので経済的にもお得に利用することが可能です。

契約期間縛り無しも選べる

どこよりもWiFiは2年契約の「2年割」を適用したプランと契約期間の縛りがない通常料金プランが用意されています。

契約時にどちらのプランにするか選ぶことが可能で、2021年7月にWiz担当者様へ取材させていただいた際は2年割適用でご利用される方が多いということです。

それでも解約することが決まっている方や、短期利用でもたっぷり使いたい方もおられるようで契約期間縛り無しのプランも多数の申込みが入っているようです。

契約期間縛り無しの通常料金の場合以下のような契約条件となります。

契約期間縛り無し どこよりもWiFi

2年割と異なる点としては、自動更新がなく、違約金も0円、契約期間も無しと設定されています。

2年割との金額差は月額500円となっています。

他社、例えばAiR-WiFiの契約期間縛り無しオプション330円と比較すると少し高いのですが、相場とそうかけはなれていませんので特に問題はないでしょう。

7日間の完全無料お試しが可能

どこよりもWiFiならではの特徴として完全無料でお試しができる点も利用者にとって大きなメリットとなります。

どこよりもWiFiのお試しレンタル

このページのはじめのほうでも紹介しましたが、7日間以内であれば電波状況、速度に満足できない場合において無料で解約できます。

これは他社の場合だと解約手数料や返送費用といった名目で数千円はかかるところがほとんどですが、どこよりもWiFiでは完全無料で解約できるようになっています。

7日間という期間が短い点は、土日祝日に使ってみた場合や使い場所によって通信状況を確認するなど、即座に判断しずらいところではありますが、完全無料というのは嬉しいポイントです。

完全無料で解約できる条件は以下の通りです。

  • 端末到着日から7日以内に解約申請
  • 10GB以上使っている方
  • 2年割適用の方(通常料金プランの方は適用不可)

参考:7日間完全無料お試しについて(どこよりもWiFi)

ドコモのネットワークを利用するので通信が安定する

どこよりもWiFiはクラウドSIMではありません。ドコモのネットワークのみに接続するサービスとなっています。ただし、800MHz帯のプラチナバンドでのLTE接続は不可となっています。

端末はドコモのネットワークのみに接続する端末、JT101となっています。こちらはノーブランド品で誰でも入手できるようなものです。

JT101 どこよりもWiFi 端末

実はクラウドSIMよりも安定性が高いというのも特筆すべきポイントです。

クラウドSIMはどうしても接続するまでに時間がかかります。クラウドSIMが接続先をau、ソフトバンク含め3つの複数基地局から選択することになるので電源を入れてから接続するまでどうしても時間がかかるのです。

クラウドSIMについては多くの事業者が参入しているということもあり、事業者毎に帯域を確保しているとはいえ、接続確立に時間を要してしまいます。

一方でどこよりもWiFiはドコモの回線み接続するのでどのキャリアに接続するかという処理がありませんので、接続はクラウドSIMよりスムーズで早いです。

以外にもこのポイントは使ってみて違いを実感するところです。

ただし、繋がりにくい状況にあるユーザーもちらほらいるので100%クラウドSIMよりよいというわけではありません。

このあたりは追って状況を追加していきたいと思います。

最短翌日に端末発送

どこよりもWiFiは申込みして最短で翌日に端末発送してくれますので、すぐに利用したい方にもメリットがあります。

サービスセンターは関東にあるので、東京など関東近辺の方なら2日程度で端末が届きます。

それでも翌日発送なので遠いエリアでも1週間もかからず3,4日程度で端末が届きます。

どこよりもWiFiのデメリット

どこよりもWiFiのデメリットは以下の通りです。

・利用地域や時間帯によって速度が出ないケースもある
・通信量の使用が少ないとコスパは割高
・海外では利用できない

どこよりもWiFiとしてのデメリットはクラウドSIMのようなWiFiと同様にして利用者が多いエリアや同時接続される方が周辺基地局に多い場合はネットワークの輻輳(遅延)が発生してしまい、速度があまり出ないケースがあります。

そもそもで150Mbps程度の最大通信速度のネットワークしか確保されていないので利用者が多い状況においては速度は遅くなってしまいます。

特に2021年春より数ヶ月間、つながりにくい状況が続いておりユーザーから不満が多くあがっているようです。

料金面においては段階制で安いと感じられますが、5GBで900円ということは1GBあたり180円となり、最大通信量の200GBで4,400円の1GBあたり22円と比較すると1GBあたりの通信単価は9倍ほどで高くなります。

ただし、格安SIMで提供されているような3GBで900円などと比較しても相場通りですし、Rakuten WiFi Pocketでも1GBまでは無料ですが、そのあとは3GBで1,078円(税込)となっていますので、1GBあたりの単価は359円となり、あの楽天モバイルの料金体系よりも安く設定されています。

なお、クラウドSIMのようなWiFiは海外での利用が可能ですが、どこよりもWiFiは海外利用できません。

どこよりもWiFiのWiFi速度とエリアについて

どこよりもWiFiは以下の速度が基本となります。あくまで理論値となり、ベストエフォートでその時その場所の最適な通信環境が設定されますので時間や場所で速度は変動します。

インターネット回線 NTTドコモ
エリア NTTドコモ LTE回線のエリア
人口カバー率100%
下り最大速度 150Mbps
上り最大速度 50Mbps
速度制限時(下り) 128kbps

どこのネットワークに接続するか、クラウドSIMをご利用の地域と場所によって、特に月末は接続確保に時間がかかる点は気にしておいたほうが良いです。

実測値としても下り通信速度は10Mbps~20Mbps程度となっていますので、他のポケットWiFiとそう変わらない速度です。

どこよりもWiFiの契約・申し込み手順

どこよりもWiFiの契約、申し込み手順は以下の通りです。

公式Webサイトから申し込みが可能です。

1.公式サイトにて申し込みボタンを押下

どこよりもWiFi公式サイトはこちら

2.申し込みページより必要事項を入力

申し込みページではまず、プラン(スタンダードまたはプレミアム)及び2年割または縛り無しを選択、そして保証オプション、端末配送日時を指定します。

私の申込画面では以下のような内容になりました。料金も明示されますので安心です。

どこよりもWiFi申込画面

 

その後、個人情報や支払い情報などを入力して申込み完了です。

なお、支払い方法はクレジットカード払いのみとなります。

どこよりもWiFiの申込みに際して不明点はチャットまたは問い合わせフォームにて相談いただけます。

3.端末が手元に届けばすぐに利用可能

配送の日時指定がある程度できるので理想は月初で指定して利用するのがベストです。

もちろん即日発送で指定すれば2日程度で届きますのですぐに使うことができます。

契約の注意点

日割りではない

どこよりもWiFiは日割りではありませんので月末開始となっても1ヶ月分の利用料金が発生してしまいます。

翌月開始としたい場合は申込時に「次月配送」として指定することが可能なので忘れずに指定するようにしてください。

途中解約で端末の違約金が発生する

どこよりもWiFiのサービスでは2年割適用の場合は2年契約となりますので、基本的に2年単位で途中解約時の解約では違約金10,450円が発生します。

2年毎に違約金がかからない解約可能月があるのでそのタイミングで解約することをおすすめします。

機器はレンタルのため解約時に返却が必要

どこよりもWiFi解約の項目で詳しく解説していますが、端末機器はレンタルのため取得した機器端末一式は解約と同時に返却が必要になります。

初期契約解除について

どこよりもWiFiは初期契約の解除が可能ですが、注意点があります。

  • 2年割のしばりがあるプランのみ
  • 8日以内に契約解除の申請を行う必要がある
  • 初期契約解除から20日以内に端末がカスタマーセンターに到着している必要がある

接続不可のサービスについて

2021年5月での問題ですが、一部の海外サービスについて利用できない報告があがっています。

この事象により解約を検討されている方は解約料無しで解約できるよう対応されています。

なお、この問題については解決できるよう進めている他、新端末への切り替えで改善を試みているようです。

追って続報を追記していきます。

参考:どこよりもWiFi接続不可サービスについて

法人契約について

どこよりもWiFiは法人契約が可能です。

どこよりもWiFi法人契約

複数台まとめての契約などにも対応しています。自治体や法人の多回線の同時契約も歓迎となっています。

個人向けと異なるのは端末が異なります。

どこよりもWiFiの法人契約はクラウドSIMが主体となっている端末がラインナップされています。

法人契約、複数台契約の場合は専用フォームからの見積もり相談となります。

ただ、こちらでも200GBまでの通信量をサポートしたプランもあるので他社より選ぶメリットはあります。

クラウドSIMのため海外利用が可能となり、海外出張でも活用できるのが利点です。

どこよりもWiFiの法人契約はこちら

どこよりもWiFiの解約

解約手続きは専用の申請フォームから行う

どこよりもWiFiの解約は解約申請フォームによる問い合わせ窓口から手続きを行います。

縛りがないプランの場合は申請して翌月末が解約月になります。解約月の翌月5日までにレンタルした端末等機器を返却する必要があります。

縛りがある2年割のプランの場合は解約したい月の25日までに申請をして端末も月末までに到着する必要があります。できるだけ早めに解約手続きをする必要があるの注意してください。

【しばりなしプラン/ピタッとプラン(JT101)2年割なしの場合】
解約申請をいただいた翌月末が解約月となります。解約月の翌月5日までに端末の返却をお願いいたします。
なお、解約日は一律で月最終日とし、解約月は1ヶ月分のご利用料金をお支払いいただきます。
(例:4/20解約申請の場合 5/31付解約 6/5までに届くように返却)

【しばりありプラン/ピタッとプラン(JT101)2年割ありの場合】
解約したい月に解約申請し、月末までに到着するように端末の返却をお願いいたします。
(例:4月中に解約申請 4/30までに到着するよう返却※月末が土日祝の場合でも同様)
※弊社都合にて荷物の受け取りができなかった場合には、弊社への初回配達日を受付日といたします。
※返却が遅れた場合は、翌月のご料金が発生します。
※複数台ご契約頂いているお客様は、全ての端末ご解約の場合、その旨を備考欄に記載のうえ申請をお願いいたします。
ご契約台数のうち特定の端末のみご解約の場合は、ご解約希望の端末のIMEI番号を備考欄に記載のうえ申請をお願いいたします。

参考:どこよりもWiFi解約について

解約時に返却する必要がある

どこよりもWiFiではレンタルのため端末を返却する必要があります。

契約書面以外届いた端末やケーブル、マニュアル等の返送が必要になります。

契約時のレンタル品すべてご返却をお願いいたします。
・端末
・充電ケーブル
・ユーザーマニュアル
・箱
契約書面は必要ございません。

ピタッとプラン/20GB/50GBプランの場合は端末内のSIMカードも抜かずにご返却ください。
ケーブル紛失時は1,100円(税込)の請求になります。
返却先住所は解約申請フォーム送信後の自動送信メールに記載がございますので、併せてご確認いただきますようお願いいたします。

参考:どこよりもWiFi解約について

途中解約による契約解除料について

どこよりもWiFiは縛りありの場合(2年割)は基本的に2年契約となっていますので2年単位で解約料が発生しない解約可能月が設けられています。

それ以外の月で解約する場合は途中解約となり、違約金・契約解除料が発生します。

途中解約の違約金は10,450円となります。

また、端末等の同梱されていた機器は全て返却となり、不足物があったりすると例えばケーブル紛失で1,100円の支払いが発生するなど機器損害金として最大で19,800円の支払いが必要になりますのでご注意ください。

どこよりもWiFiの口コミ・評判

どこよりもWiFiの評判はどうでしょうか?様々な媒体での口コミを検証していきたいと思います。

twitterの口コミ・評判

twitterにおける口コミから評判をみていきます。

どこよりもWiFiは2021年5月に通信障害を起こしており、2021年7月以降も、ちらほら使えない、接続できないという声が多く出ています。

参考:どこよりもWiFi通信障害について

Yahoo!知恵袋の評判

Yahoo!知恵袋におけるどこよりもWiFiの口コミ・評判を紹介しつつ、内容を補足していきたいと思いまます。

質問:どこよりもWiFiとmugenwifi、料金以外の違いはなんですか? サイトを見る限りあまり違いはないようなのですが

回答:どこよりもWi-Fiは、24ヶ月自動更新、更新月のみ違約金0円 Mugen WiFi は、25ヶ月以降は違約金0円

引用:Yahoo!知恵袋

ほとんどヤフー知恵袋で質問がなかったのですが、以前のプランに対する質問が残っていました。

上記の質問、回答でいうと現時点でMugen WiFiとの違いは大きな違いとして、クラウドSIMかドコモ回線かという点と通信量はどこよりもWiFiが200GBまで対応しているという点です。

公式サイトの評判、よくある質問

どこよりもWiFi公式サイトに寄せられた質問、口コミから評判を分析していきます。

質問:大容量通信の目安はありますか。通信制限について

回答:変動する場合はございますが、3日で20GB、1日7GBを目安に制限をかけさせて頂く場合がございます。
月間の通信容量を超過した場合や大容量通信での制限時は通信速度が概ね128kbpsに制限されます。

質問:プラン変更はできますか

回答:【ピタッとプランの場合】
プラン変更は出来ません。

【しばりなしプランの場合】
ご希望のプラン名と機器補償サービスの加入有無を記載のうえ、お問合せフォームからお知らせください。
25日までのご申告で翌月から適用となり、端末はしばりなしプランでご契約いただいた端末をそのままお使いください。
※プラン変更に伴うキャンペーン適用は不可
※機器補償サービスの有無が記載ない場合、プラン変更は出来かねます。
※変更プラン適用後、初月は事務手数料3,300(税込)が発生いたします。
※通信容量の変更は不可(ご希望の場合は現行プランをご解約いただき、新規でお申込みが必要です)
例)しばりなしプラン20GBご契約→しばりあり20GBへ変更・・・〇
しばりなしプラン20GBご契約→しばりあり100GBへ変更・・・×

質問:送料はかかりますか

回答:ご契約時の送料は弊社負担ですが、解約時端末返却の送料はお客様負担です。

質問:端末はいつ届きますか

回答:発送完了メールを発送日の翌営業日10:00以降に発送させていただいております。
到着に関するお問い合わせはメールに記載させていただいている配送業者へお問合せをお願いいたします。
端末はお申込みより1~3営業日に発送いたします。ご地域によってはご希望に添えない場合がございますので、あらかじめご了承ください。
到着までにかかる日数は下記をご参考ください。
1日:岩手・秋田 ~兵庫まで
2日:北海道・青森/岡山(四国)~鹿児島まで
3日以上:沖縄

引用元:どこよりもWiFi公式サイトよくある質問

口コミ・評判を踏まえた総評~どこよりもWiFiはおすすめできる?

上記の口コミ・評判を踏まえて当サイトのプロバイダー・ワン編集長よりどこよりもWiFiはおすすめできるか解説します。

どこよりもWiFiは200GBの通信量に対して段階制料金体系となっており、月額900円(税込)から使える業界では珍しいWiFiサービスです。ドコモの回線を利用する端末となっており、クラウドSIMなどとはまた異なる接続体系となっています。どうしても速度が気になるので満足できなかった場合は8日間お試しレンタル(解約料や月額料金が無料)という使い方もできますので、まずは使ってみて様子をみるということもできるので大きなリスクはありません。最大200GBなら1GBあたりの単価も低く、コスパも良いWiFiサービスとなっています。

どこよりもWiFiまとめ

どこよりもWiFiについてまとめます。

どこよりもWiFiは主に料金面でメリットがあるクラウドSIM対応WiFiサービスです。

  • 月額900円からの段階制料金プラン
  • 月間200GBが月額4,400円(税込)で利用できるから1GBあたりのコスパが最安クラス
  • 契約期間縛り無しも選べる
  • 7日間の完全無料お試しが可能
  • ドコモのネットワークを使うので通信が安定
  • 最短翌日にポケットWiFi端末を発送

今月の料金体系・キャンペーンは以下の通りです。キャンペーンは期間限定とはなっていませんが、料金等の改定などは予告なしに行われますのでご注意ください。

どこよりもWiFi
  • 月額900円からの段階制料金プラン
  • 月間200GBが月額4,400円(税込)で利用できるから1GBあたりのコスパが最安クラス
  • 契約期間縛り無しも選べる
  • 7日間の完全無料お試しが可能
  • ドコモのネットワークを使うので通信が安定
  • 最短翌日にポケットWiFi端末を発送
どこよりもWiFiの特徴解説&口コミ・評判
実質月額/契約年数 3,415円(税込)/2年間
キャンペーン特典 8日間お試しレンタル可能(月額料金、事務手数料0円)
段階制料金
月額料金 900円~4,400円(税込)
※2年割適用時・段階定額制
初期費用 3,300円
端末代 無料
支払い方法 クレジットカード

どこよりもWiFi 申込みはこちら

月額実質費用が最安のポケットWiFiをお探しなら以下の記事を参考にしてみてください。

クラウドSIM対応WiFiの無制限WiFiに絞って検討されたい方は以下の記事も参考にしていただけます。

牧村 和慶

牧村 和慶Kazunori Makimura

記事一覧

著者・監修 株式会社Crepas 代表取締役 牧村和慶
大学院卒業後、日本電気株式会社(NEC)に入社。数年間、SEや営業として大規模システムに携わった後、インターネットプロバイダーであるNECビッグローブ(現、KDDIグループ傘下のビッグローブ株式会社)へ出向。2013年に株式会社Crepasを創業。プロバイダーでの業務経験をいかし、プロバイダー分野の情報メディア運営、お金に関わる分野の取材活動を通じて、債務整理、カードローン、節約など問題解決に尽力している。

関連記事