ドコモ光やソフトバンク光、さすガねっととの違いとは?専門家が比較解説します

※本サイトに掲載する情報にはプロモーション広告が含まれています。

テレビCMで話題のドコモ光やソフトバンク光、話題のさすガねっと、これらの光回線の違いはどこにあるのでしょうか。回線の根本的な部分からサービス面、プロバイダーの位置づけなども踏まえて比較していきたいと思います。

このページは、大手インターネットプロバイダーに勤務していた元社員の牧村和慶がプロバイダー社員時代に培った技術や知識、経験を踏まえて、公正な比較を行った上で執筆・更新し続けています。監修などの情報は運営者情報をご覧ください。

※当サイトは元プロバイダー社員(インターネット回線の専門家)が執筆・全面監修しています。

まずはドコモ光とソフトバンク光、そしてさすガねっとについて概要を解説していきます。

ドコモ光とは

ドコモ光はNTTドコモが契約主体となって利用することができる光コラボレーションの光回線です。

ですので、光回線の実態はフレッツ光で回線速度などはフレッツと同等となります。

光コラボレーションのサービスということですが、プロバイダーが1つに定まっているわけではなく、自由に選べるものとなっています。

通常の光コラボレーションサービスの場合は、プロバイダーと回線が設定になっていますが、ドコモ光の場合は契約はドコモと交わすことになります。

ドコモ光で選べるプロバイダーは通常の光コラボレーションよりも若干少ないですが大手のプロバイダーとしてニフティとくとくBBを選択することが可能です。

ドコモ利用者でなくても契約は可能です。

なお、通信速度については基本的にはフレッツと同等のものですが、利用するプロバイダーによって若干の速度の違いは発生します。

ドコモ光の戸建て・マンションの料金比較表

以下はドコモ光の主なプロバイダーと戸建て、マンションの料金比較表になります。

プロバイダーを選ぶことができますが、どのプロバイダーを選んでも毎月の料金は同一となっています。

選ぶポイントはキャッシュバックなどのキャンペーンが充実しているかどうかになります。

マンションの料金比較表

→→表は右にスクロールできます→→

  実質
月額費用
月額料金
(マンション)
実質総額 主な独自特典
キャッシュバック
WiFiルーター
レンタル
訪問サポート 初期費用
事務手数料
契約期間 タイプ
とくとくBB 3,079円 4,400円×24ヶ月 73,900円 35,000円 初回無料 3,300円 2年 タイプA
@nifty 3,079円 4,400円×24ヶ月 73,900円 35,000円 初回無料 3,300円 2年 タイプA
ビッグローブ 4,537円 4,400円×24ヶ月 108,900円 - 初回無料 3,300円 2年 タイプA
ドコモnet 4,537円 4,400円×24ヶ月 108,900円 - - - 3,300円 2年 タイプA
plala
ドコモに統合
3,912円 4,400円×24ヶ月 108,900円-   - - 3,300円 2年 タイプA
DTI 4,537円 4,400円×24ヶ月 108,900円 10,000pt dポイント 初回無料 3,300円 2年 タイプA
andline 4,537円 4,400円×24ヶ月 108,900円 永年無料オプション 初回無料 3,300円 2年 タイプA
SIS 4,537円 4,400円×24ヶ月 108,900円 - 初回無料 3,300円 2年 タイプA
hi-ho 4,537円 4,400円×24ヶ月 108,900円 - 初回無料 3,300円 2年 タイプA
ic-net 4,537円 4,400円×24ヶ月 108,900円 - 2回無料 3,300円 2年 タイプA
タイガースネット 4,537円 4,400円×24ヶ月 108,900円 - 初回無料 3,300円 2年 タイプA
エディオンネット 4,537円 4,400円×24ヶ月 108,900円 - - 有料 3,300円 2年 タイプA
シナプス 4,537円 4,400円×24ヶ月 108,900円 - - 初回無料 3,300円 2年 タイプA
BB.excite 4,537円 4,400円×24ヶ月 108,900円 - - 有料 3,300円 2年 タイプA
楽天 4,537円 4,400円×24ヶ月 108,900円 - - - 3,300円 2年 タイプA
Tikitiki 4,537円 4,400円×24ヶ月 108,900円 10,000pt dポイント - 有料 3,300円 2年 タイプA
ネスク 4,537円 4,400円×24ヶ月 108,900円 - - - 3,300円 2年 タイプA
光コアラ 4,537円 4,400円×24ヶ月 108,900円 - - 有料 3,300円 2年 タイプA
OCN 3,924円 4,620円×24ヶ月 94,180円 20,000円 初回無料 3,300円 2年 タイプB
@TCOM 4,757円 4,620円×24ヶ月 114,180円 - 初回無料 3,300円 2年 タイプB
TNC 4,757円 4,620円×24ヶ月 114,180円 - - 有料 3,300円 2年 タイプB
ちゃんぷるネット 4,757円 4,620円×24ヶ月 114,180円 - 3,300円 2年 タイプB
AsahiNet 4,757円 4,620円×24ヶ月 114,180円 - - - 3,300円 2年 タイプB
WAKWAK 4,757円 4,620円×24ヶ月 114,180円 - - 有料 3,300円 2年 タイプB

注釈
※表の料金は税込み価格です。
※実質月額費用は「実質月額費用=(月額料金×契約月数-キャッシュバック金額+工事代+事務手数料)÷契約月数」で計算した結果となります。
※工事代はドコモ光特典で各社無料となります。
※セキュティサービス、メールウイルスチェック、メールアドレス付与、iPv6対応はほぼ全てのドコモ光プロバイダーで対応していますので、上記表には含めておりません。

※キャッシュバックの適用条件はプロバイダ各社公式サイトでご確認ください。
※表示金額は税抜。

戸建ての料金比較表

→→表は右にスクロールできます→→

  実質
月額費用
月額料金
(戸建て)
実質総額 主な独自特典
キャッシュバック
WiFiルーター
レンタル
訪問サポート 初期費用
事務手数料
契約期間 タイプ
とくとくBB 4,399円 5,720円×24ヶ月 105,580円 35,000円 初回無料 3,300円 2年 タイプA
@nifty 4,399円 5,720円×24ヶ月 105,580円 35,000円 初回無料 3,300円 2年 タイプA
ビッグローブ 5,857円 5,720円×24ヶ月 140,580円 - 初回無料 3,300円 2年 タイプA
ドコモnet 5,857円 5,720円×24ヶ月 140,580円 - - - 3,300円 2年 タイプA
plala
ドコモに統合
5,232円 5,720円×24ヶ月 140,580円 - - - 3,300円 2年 タイプA
DTI 5,857円 5,720円×24ヶ月 140,580円 10,000pt dポイント 初回無料 3,300円 2年 タイプA
andline 5,857円 5,720円×24ヶ月 140,580円 永年無料オプション 初回無料 3,300円 2年 タイプA
SIS 5,857円 5,720円×24ヶ月 140,580円 - 初回無料 3,300円 2年 タイプA
hi-ho 5,857円 5,720円×24ヶ月 140,580円 - 初回無料 3,300円 2年 タイプA
ic-net 5,857円 5,720円×24ヶ月 140,580円 - 2回無料 3,300円 2年 タイプA
タイガースネット 5,857円 5,720円×24ヶ月 140,580円 - 初回無料 3,300円 2年 タイプA
エディオンネット 5,857円 5,720円×24ヶ月 140,580円 - - 有料 3,300円 2年 タイプA
シナプス 5,857円 5,720円×24ヶ月 140,580円 - - 初回無料 3,300円 2年 タイプA
BB.excite 5,857円 5,720円×24ヶ月 140,580円 - - 有料 3,300円 2年 タイプA
楽天 5,857円 5,720円×24ヶ月 140,580円 - - - 3,300円 2年 タイプA
Tikitiki 5,857円 5,720円×24ヶ月 140,580円 10,000pt dポイント - 有料 3,300円 2年 タイプA
ネスク 5,857円 5,720円×24ヶ月 140,580円 - - - 3,300円 2年 タイプA
光コアラ 5,857円 5,720円×24ヶ月 140,580円 - - 有料 3,300円 2年 タイプA
OCN 5,244円 5,940円×24ヶ月 125,860円 20,000円 初回無料 3,300円 2年 タイプB
@TCOM 6,077円 5,940円×24ヶ月 145,860円 - 初回無料 3,300円 2年 タイプB
TNC 6,077円 5,940円×24ヶ月 145,860円 - - 有料 3,300円 2年 タイプB
ちゃんぷるネット 6,077円 5,940円×24ヶ月 145,860円 - 3,300円 2年 タイプB
AsahiNet 6,077円 5,940円×24ヶ月 145,860円 - - - 3,300円 2年 タイプB
WAKWAK 6,077円 5,940円×24ヶ月 145,860円 - - 有料 3,300円 2年 タイプB

注釈
※表の価格は税込になります。
※実質月額費用は「実質月額費用=(月額料金×契約月数-キャッシュバック金額+工事代+事務手数料)÷契約月数」で計算した結果となります。
※工事代はドコモ光特典で無料となります。
※セキュティサービス、メールウイルスチェック、メールアドレス付与、iPv6対応はほぼ全てのドコモ光プロバイダーで対応していますので、上記表には含めておりません。

※キャッシュバックの適用条件はプロバイダ各社公式サイトでご確認ください。

ドコモ光のセット割引について

ドコモ光はNTTドコモが展開する光回線で、ドコモのスマホ利用者向けの光回線といっても良いでしょう。

大きな特徴はドコモ利用者向けということもあり、ドコモのスマホ料金がドコモ光とセットで割引となる「ドコモ光セット割」があります。

ドコモのスマホを利用されている方がドコモ光を契約することで、ドコモのスマホを家族が使っている回線分、それぞれが毎月永年で1,000円安くなるので、相当お得に使えることになります。

家族4人ともドコモを利用していて、自宅でドコモ光を使うことで毎月4,000円割引される計算になりますので、ドコモ光の料金1ヶ月分近く割引されることになります。

参考:ドコモ光セット割

ソフトバンク光とは

ソフトバンク光はソフトバンクが提供する光回線で、こちらはソフトバンクのスマホ利用者向けの光回線です。

ドコモ光と同じようにソフトバンクのスマホ利用者でなくても契約は可能です。

こちらは契約主体はソフトバンクとなり、代理店経由でもソフトバンク光を申し込めるようになっています。プロバイダーを何でも選べるような形とはなっていません。

正規代理店として様々な通信関連業者がソフトバンク光を販売しているのが特徴的で大々的なキャッシュバックなどがウリとなっています。

ソフトバンク光の戸建て・マンションの料金比較表

以下はソフトバンク光の主なプロバイダーと戸建て、マンションの料金比較表になります。

プロバイダーは選べませんが、正規代理店からも申し込みが可能で契約取次のみなので正規代理店を選ぶデメリトットはありません。キャンペーン重視で選んでも良いでしょう。

マンションの料金比較表

→→表は右にスクロールできます→→

  実質
月額費用
月額料金
(戸建て)
実質総額 主な独自特典
キャッシュバック
WiFiルーター
レンタル
訪問サポート 工事費 契約期間
ソフトバンク光 4,317円 4,180円×24ヶ月 103,620円 - - - 実質無料 2年
とくとくBB
ソフトバンク光
(正規代理店)
2,817円 4,180円×24ヶ月 67,620円 36,000円 条件あり - 実質無料 2年
エヌズカンパニー
ソフトバンク光
(正規代理店)
2,650円 4,180円×24ヶ月 63,620円 40,000円 条件あり - 実質無料 2年

注釈
※表の価格は税込表記です。
※実質月額費用は「実質月額費用=(月額料金×契約月数-キャッシュバック金額+工事代+事務手数料)÷契約月数」で計算した結果となります。
※工事代が「実質無料」の場合、月額料金に組み込まれているか、キャンペーンにより無料となります。
※契約期間が「縛り無し」の場合、実質月額料金及び実質総額は2年を想定し計算しています。
※キャッシュバックは他社乗り換え条件は含まず、誰でも適用される可能性がある条件のみ記載しています。適用条件はプロバイダ各社公式サイトでご確認ください。

戸建ての料金比較表

→→表は右にスクロールできます→→

  実質
月額費用
月額料金
(戸建て)
実質総額 主な独自特典
キャッシュバック
WiFiルーター
レンタル
訪問サポート 工事費 契約期間
ソフトバンク光 5,857円 5,720円×24ヶ月 140,580円 - - - 実質無料 2年
とくとくBB
ソフトバンク光
(正規代理店)
4,357円 5,720円×24ヶ月 104,580円 36,000円 条件あり - 実質無料 2年
エヌズカンパニー
ソフトバンク光
(正規代理店)
4,190円 5,720円×24ヶ月 100,580円 40,000円 条件あり - 実質無料 2年

注釈
※表の価格は税込表記です。
※実質月額費用は「実質月額費用=(月額料金×契約月数-キャッシュバック金額+工事代+事務手数料)÷契約月数」で計算した結果となります。
※工事代が「実質無料」の場合、月額料金に組み込まれているか、キャンペーンにより無料となります。
※契約期間が「縛り無し」の場合、実質月額料金及び実質総額は2年を想定し計算しています。
※キャッシュバックは他社乗り換え条件は含まず、誰でも適用される可能性がある条件のみ記載しています。適用条件はプロバイダ各社公式サイトでご確認ください。

ソフトバンク光のセット割引について

ドコモ光と同じ考えで、ソフトバンクのスマホ利用者がソフトバンク光を契約することでセットで割引となる「おうち割光セット」があります。

家族含めて割引の対象となりますし、auやドコモと同じように一人当たり永年で毎月1,000円のソフトバンクのスマホ料金が割引となります。

参考:おうち割光セット

さすガねっととは

さすガねっとは大阪ガスが展開する光回線サービスです。ガス会社ですが、NTTのフレッツ回線を借りて運営しています。

さすガねっとの大きな特徴として、関西地域にエリアは限られますが、フレッツ回線の光コラボレーションのインターネット回線とNURO光がベースになった回線を目的に応じて「はやとくプラン」「めちゃはやプラン」の2種類のプランを選択できるという点です。

また、ガス会社ならではとしてガス利用があれば値引きされるなど独自のキャンペーンも展開しています。

料金については光コラボレーションがベースとなったはやとくプランで月額2,530円から、めちゃはやプランは月額3,300円からとなっています。

ドコモ光とソフトバンク光、さすガねっとを比較(料金・速度・エリア)

それぞれの特徴をお伝えしたように、ソフトバンク光とドコモ光は何が異なるのか、フレッツ光とはどう違いがあるのか解説していきます。

結論、どちらもドコモ光もソフトバンク光も同じ光コラボレーションサービスです。フレッツ光、光コラボ、ソフトバンク光、ドコモ光、どれも回線(ネットワーク)そのものはNTT回線となっていますので、インターネットの接続性や速度に関しては大きな違いはありません。ただし、プロバイダー毎に構築しているネットワークの規模が異なるので完全に同一の環境とはなりません。その時、そのエリアのプロバイダー接続者数などで、速度面で若干左右されることはあります。

auひかりについてはKDDI主体のインターネット回線となりますので、NTTのフレッツ系サービスとは異なります。NTTと比べてエリアが狭かったり、地域によって導入できなかったりするので、事前に確認が必要です。

以下の比較表はドコモ光とソフトバンク光、そして従来のフレッツやauも含めて料金や通信速度、エリアについてざっくり比較しています。

表:ソフトバンク光、ドコモ光、さすガねっと、その他光コラボレーションの比較

ソフトバンク光 ドコモ光 さすガねっと 他の光コラボ
契約主体 ソフトバンク NTTドコモ さすガねっと(大阪ガス) プロバイダー
月額料金※ 6,270円(税込) 5,720円(税込)~
※プロバイダー一律同額
2,530円~(はやとくプラン)
3,300円~(めちゃはやプラン)
5,500円(税込)前後
※プロバイダーにより異なる
通信速度 1ギガ、10ギガ 1ギガ、10ギガ はやとくプラン:1ギガ
はやとくプラン:2ギガ
1ギガ、10ギガ
エリア 全国(NTT東・西) 全国(NTT東・西) 全国(NTT東・西) 全国(NTT東・西)
通信料値引き ソフトバンク携帯料金
※おうち割光セット
ドコモ携帯料金
※ドコモセット割
ソフトバンク携帯料金
※めちゃはやプラン
au携帯料金
※auスマートバリュー適用で
格安SIMとセットなら値引き
電話・テレビ

※月額料金は戸建てタイプの場合

実際に大きな違いは料金と契約主体がどこかが異なります。スマホ料金割引の対象キャリアも大きな違いになりますので、ドコモユーザーなのかソフトバンクユーザーなのかで選んで構いません。

なぜならスマホ料金の割引のインパクトが大きいので、光回線の料金よりスマホ料金が安くなる回線を選ぶのが良いでしょう。

回線についてはフレッツ光となりますので、通信速度の理論値としてはどれも変わりはありません。選ぶプロバイダーによって、同時利用者数やエリア、時間帯で速度は変わってきますので一概にどこが速い・遅くとは言えません。

さすガねっとについてはNURO光が主体となるめちゃはやプランも選択できますので、比較的安価でも速度重視で選ぶならおすすめです。

テレビや電話に関してはどのサービスでも利用可能です。

戸建てとマンションで違いはある?

戸建てとマンションとでドコモ光やソフトバンク光、さすガねっとで違いは特にありません。

NTTのフレッツのため回線そのものは同じです。

月額料金でみるとソフトバンク光とドコモ光で異なりますので、長く使うなら安いほうを選んでも良いでしょう。

その他の光回線の違いとは?

auひかりとの違いに関してはドコモ光やソフトバンク光、さすガねっととは回線そのものが違います。

利用可能なエリアがNTTフレッツとKDDIとで異なるのでそもそもの回線の作りが違います。当たり前ですが、ケーブルTVのインターネット回線とも全く違います。

事業者変更なら光コラボレーション間の乗り換えが可能

上記したようにドコモ光もソフトバンク光、さすガねっとの「はやとくプラン」もフレッツ回線を使った光コラボレーションサービスですので、事業者変更による光回線の乗り換えが容易に行えます。

めちゃはやプランはNURO光のため事業者変更には対応していません。

現在光コラボレーションのプロバイダーをご利用なら、事業者変更通知を現在のプロバイダーから発行してもらってそれを新しいプロバイダーで伝えるだけで簡単に事業者変更が可能となっています。

携帯キャリアとしては互いにライバル関係にあるサービス同士ですが、光回線については互いに乗り換えしやすいものとなっています。

参考:事業者変更とは(NTT)

元プロバイダー社員が選ぶおすすめの光回線

光回線を選ぶポイントは現在ご利用のスマホ次第でおすすめの光回線が異なるということです。

光回線の選び方でも解説しているようにスマホ料金のセット割引が料金面で大きな影響を与えるのに加え、光コラボレーションならそれほど回線設備に大きな違いがないことから一番お得な回線を選ぶべき、というのが大切になってきます。

以下より、ご利用のスマホ別におすすめの光回線を1つずつ紹介していきます。

ドコモのスマホユーザーにおすすめの光回線

ドコモ利用者なら断然おすすめはドコモ光の光回線です。

その中でも、とくとくBBドコモ光なら他のプロバイダーよりお得なキャンペーンを実施していますので、実質費用で一番安い費用で使うことが可能です。

もちろん、ドコモスマホ利用者は契約数分、毎月の料金から1,000円割引が適用可能です。

とくとくBB ドコモ光

  • 1ギガプランはキャッシュバック38,000円(2年定期契約で ※当サイト限定、公式サイトより条件緩和
  • 10ギガプランならさらにUP!!キャッシュバック51,000円
  • 新規工事料が無料
  • 接続設定などの訪問サポート無料
  • v6プラス対応の無線WiFiルーターのレンタル無料
  • 工事開始までモバイルWiFiルーターが最大3ヶ月レンタル無料
  • セキュリティツール「マカフィー」が1年間無料(通常550円/月)
とくとくBB ドコモ光の特徴解説&口コミ・評判
実質月額 4,399円/2年間(戸建て)
3,079円/2年間(マンション)
独自キャンペーン 1ギガプランで38,000円 キャッシュバック
10ギガプランなら51,000円キャッシュバック
工事費無料

他社からの乗り換えで解約違約金15,000円キャッシュバック還元
公式特典!dポイント2,000pt~17,000pt進呈
WiFiルーター レンタル無料
訪問サポート 初回無料
セキュリティソフト 12ヶ月無料
月額料金 5,720円(税込)/2年間(戸建て) ※1ギガ
6,380円(税込)/2年間(戸建て・集合住宅) ※10ギガ
4,400円(税込)/2年間(マンション) ※1ギガ
事務手数料 3,300円(税込)
支払い方法 クレジットカード、口座振替、請求書
公式サイト https://gmobb.jp/service/docomohikari/

\10ギガの特典UP中!/

とくとくBB ドコモ光 申込みはこちら

当サイト限定で細かいキャッシュバック条件なし

ソフトバンクのスマホユーザーにおすすめの光回線

ソフトバンクのスマホ利用者ならおすすめはソフトバンク光の光回線です。

実はソフトバンクの正規代理店から申し込むのが一番お得に利用する契約方法です。あくまで契約の取次のみなので契約はソフトバンク光と行うので安心です。

もちろん、ソフトバンクのスマホ料金が契約台数分1台あたり毎月1,000円割引されます。

NNコミュニケーションズ ソフトバンク光 正規代理店

  • 正規代理店特典!キャッシュバック40,000円(開通2ヶ月後に振込)
  • ソフトバンク光の10ギガも選べる!
  • ソフトバンクのスマホ料金が永年1,100円/月の割引き
  • キャッシュバック+WiFi6無線LANルーター特典も選べる
  • 開通までWiFi端末無料レンタル、工事費26,400円が実質無料
ソフトバンク光 正規代理店(エヌズカンパニー)の特徴解説&口コミ・評判
実質月額 4,190円/3年間
独自キャンペーン 40,000円 キャッシュバック
工事費実質無料

無線LANルータープレゼントも選択可能
WiFiルーター 無線LANルーター(Wi-Fi6対応)プレゼント
訪問サポート -
工事費 実質無料
月額料金 4,180円(税込)※マンション
5,720円(税込)※戸建て
事務手数料 3,300円(税込)
契約期間 2年
支払い方法 クレジットカード

\正規代理店経由ならソフトバンク公式より安い/

ソフトバンク光の正規代理店 申込みはこちら

ドコモやau、ソフトバンク以外のスマホを使っているなら「さすガねっと」

現在、povoやahamo、格安SIM、携帯電話キャリア以外の格安スマホをご利用ならさすガねっともおすすめです。

大阪ガスのインターネット回線で、ガス料金の値引きなどお得なキャンペーンを行っていますのでチェックしてみてください。

さすガねっと

  • 光コラボ・NURO光がベースの2つの料金プランから選べる
  • 大阪ガス契約者はガスセット割で安くなる
  • 新規工事費が実質無料
  • ソフトバンクのスマホ料金が割引
  • 遠隔サポートが初回無料
  • スマホ・タブレットの修理保証が無料
  • 開通までの間使えるホームルーターレンタルサービス

キャンペーン更新:2024年3月1日時点

さすガねっとの特徴解説&口コミ・評判
実質月額 4,647円(税込)/2年 ※はやとくプラン・戸建て
3,767円(税込)/2年 ※はやとくプラン・マンション
5,335円(税込)/3年 ※めちゃはやプラン・戸建て
※大阪ガス契約者は上記金額よりさらに減額
独自キャンペーン 大阪ガス契約者なら月額330円割引
工事費実質無料
テレビと同時契約でテレビ工事費実質無料
めちゃはやプランでソフトバンクのスマホ料金が安くなる
リモートサポートが1回無料(遠隔または訪問対応)
WiFiルーター めちゃはやプランの場合、ONUに標準装備
はやとくプランの場合、330円/月でレンタル可能
訪問サポート 「駆けつけサポート」あり
工事費 実質無料
※毎月工事費相当が毎月値引き
月額料金 3,300円~5,720円(税込)/はやとくプラン(戸建て)
2,860円~4,400円(税込)~/はやとくプラン(マンション)
6,050円(税込)/めちゃはやプラン(戸建て)
事務手数料 3,300円(税込)
支払い方法 クレジットカード、口座振替

さすガねっと 申込みはこちら

※エリア検索・料金シミュレーションも可能

まとめ

このページではドコモ光とソフトバンク光、さすガねっとの違いについて解説しました。

大きな枠組みでは同じフレッツ光を使った光コラボレーションサービスの1つで、回線速度や仕組みそのものには大きな違いはありません。

ポイントは契約主体や選べるプロバイダーが異なる点、正規代理店での契約、スマホ料金がセットで割引となる点が大きな違いです。

ドコモ光とソフトバンク光、さすガねっとのはやとくプランの間で事業者変更も可能で、スマホを使っていなくても契約は可能となっているので、このタイミングで携帯キャリアの乗り換えも検討してみても良いでしょう。

なお、コンセントをさすだけで使える置くだけWiFiでセット割が使えるので光回線の導入ハードルが高いという場合はホームルーターのおうちのWi-Fiも検討できるでしょう。

光回線全般からインターネット回線を検討されたい場合は以下の記事が参考になります。

著者・監修 牧村和慶

プロバイダー・ワン 著者・監修者
株式会社Crepas 代表取締役 牧村和慶
大学院卒業後、日本電気株式会社(NEC)に入社。数年間、SEや営業として大規模システムに携わった後、インターネットプロバイダーであるNECビッグローブ(現、KDDIグループ傘下のビッグローブ株式会社)へ出向。2013年に株式会社Crepasを創業。プロバイダーでの業務経験をいかし、光回線やモバイルWiFi、格安SIMなどの比較情報メディア運営やお金に関わる分野の取材活動を通じて、債務整理、カードローン、節約など問題解決に尽力している。

関連記事