会社にバレない!在籍確認で電話をかけてこないようにするには?

※本サイトに掲載する情報にはPR広告が含まれています。

在籍確認とは?

リスクを見極めるために在籍確認が行われる

キャッシングを申し込んで審査の段階で在籍確認があります。

つまり、勤務先にちゃんと勤めているのかを金融業者側で確認します。

お金を貸す業者側としてみればこれは当然のことなので基本的には受け入れるしかありません。

金融業者はお金を貸すことに対してリスクを負っています。

貸し倒れのリスクがあるのでできるだけ健全な方、ちゃんと働いて居る方、嘘をつかない方、ちゃんと返済ができるのかどうかを判断する一つの指標として在籍確認でちゃんと勤務しているかということを確かめています。

現在、借り入れ金額次第では収入証明書が必要ありません。

多額の金額を借りるときのみ収入証明書が必要になり、源泉徴収票を提出することになりますが、ほとんどの方が少額融資、多くても十万円を超える程度なので、必要な書類としては運転免許証などの個人情報のみです。

どこに勤務しているかは提出するものがありません。

申込時に入力する程度なので金融業者としては定期的な収入がちゃんとある方なのかを含めて勤務先企業に確認しなければなりません。

ただ、ここで問題があります。このタイミングで同僚や上司、先輩、後輩など会社の人にバレてしまうのかということです。

一般的な在籍確認の方法

ほとんどのケースで申込時に入力した電話番号に直接電話をかけて申し込み本人が勤務しているか確認します。

「○○さんいますか?」「○○さんに繋いでください」

と言った形で電話がかかってきます。

電話を受けた人が不思議に思うこともあるかもしれません。

基本的に会社名を名乗ってこないので今の御時世、不動産投資の営業かと思われることも多いようです。

また、企業側は消費者金融や銀行名で電話をかけるということはなく、だいたいざっくりとした企業名や個人名で電話をかけてきます。

大きな企業だと全ての電話で本人に繋いでくれるということはありません。

どうしても怪しい人からかかってきたと思われることも多いでしょう。

ですので、毎回ちゃんと在籍確認が正常に完了するとも限りませんし、電話を受けた人によっては怪しまれることもあるかもしれません。

でも実は在籍確認で電話をかけないで済ませる金融業者もあります。

会社にバレたくない、お金を借りていると知られてしまう可能性を少しでもゼロに近づけるため、唯一良い方法があります。

電話での在籍確認が不要な金融業者とは?

大手消費者金融のモビットは在籍確認が不要、書類のやりとりのみで済ませることも可能です。

アコムなどでは必ず勤務先に電話がありますが、モビットは「WEB完結」のサービスで、電話連絡一切無しという大きな特徴があります。

WEB完結のためにはモビットへ提出する書類が少し多いのがネックです。ただ、書類さえ良用意しておけばメール連絡のみなので気軽に借りることができるでしょう。

ちなみに、提出書類は本来、高額の借り入れ時に提出する収入証明書として源泉徴収票や給与明細が必要になります。

モビットはWEB完結となれば電話連絡もなしでカード発行もありませんので、スマホのみで完結するでしょう。

ただ、提出書類の他に一点だけ注意があります。

三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座必要になりますので、今スグ借りたいという方にとって口座がない方は少し時間がかかるのでそういった点ではデメリットに感じることもあると思います。

全てが全ての金融業者で在籍確認が必要というわけではありませんので、うまく業者を選定してお金を借りるというのが賢い選び方です。

会社・勤務先にキャッシングすることがバレないというのを第一に優先度として考えた場合はモビットが一番良いということになります。

会社にバレないで借りられるキャッシング業者ランキング

※カードローンサーチのおすすめ順
在籍確認が同僚や会社にキャッシングの事実がバレるタイミングですので、電話での在籍確認が無い金融業者を上位として下記ランキングを掲載しました。

牧村和慶

株式会社Crepas 代表取締役
マネーセレクト著者・監修者。お金に関わる分野の取材活動を通じて、債務整理、カードローン、節約など問題解決に尽力している。

関連記事