ウォーターサーバー

赤ちゃんの粉ミルク用の水と授乳・妊娠中のママのための安全な水・ウォーターサーバーの選び方

こちらのページでは赤ちゃんの調乳や妊婦ママのための安全な水について紹介します。

赤ちゃんの健康のためにお母さんの飲み水はどう選ぶ?

https://www.crepas.co.jp/wp/wp-content/uploads/2021/12/7744782_mom_baby_mom-and-baby_mothers-day_mother_icon.png

健康な子供に育って欲しい

これから赤ちゃんを産む妊婦のお母さん・ママ、そして現在授乳中で子育てに奮闘しているお母さん・ママ、こんな悩みを抱えていませんか?もちろん、赤ちゃんの影響がないことが大前提!でも、結局どんな水が良いのでしょうか?

気になることをあげたらきりがありませんが、よくわからない水に対して危険を回避するにこしたことはありません。

  • 妊娠中ってどんな水でも大丈夫なの?おなかの赤ちゃんに影響がない水ってあるの?
  • 授乳中に飲む水は何でも良いの?赤ちゃんに影響無い?
  • 水道水は危険?安全?
  • ミネラルウォーターは安心?
  • 放射能とか放射性物質に気をつけないといけないけどどんな水なら安全?

さらに、赤ちゃんの粉ミルクについても気をつけたいことがたくさんあります。

赤ちゃんの粉ミルクの調乳

  • 毎日の調乳、作るのも時間がかかるし本当に面倒!なんとか楽にできないものかな?
  • 放射能汚染、放射線、私の家の水道水は本当に大丈夫?
  • 煮沸消毒する水は綺麗?安全?
  • 調乳の水って何でもいいの?ミネラルウォーターでもいいの?
  • ミネラルウォーターでも何を選べばいいの?
  • ミネラルウォーター、たくさん買うのは大変。定期的に入手できないかな?
  • ミネラルウォーターはコストが高くついてしまう!安く手に入れることはできないかな?

赤ちゃんのために調乳は生きていくためにやらなければならないこと。乳幼児のこの時期、口に入れるものだからしっかり考えて安全なものを与えたいですよね。でも、しっか面倒なことはできるだけ負担を減らしたい、それがママ・パパの考えだと思います。

他に気をつけたいのは乳幼児の食物アレルギー。多くの赤ちゃんは離乳食開始前から肌に出る赤ちゃん、乳幼児、乳児、こども湿疹で気がつくと言います。

いつか原因不明のなにかで突然重症に陥ったりしないか…心配でたまらないパパとママ。しかし食物アレルギーの血液検査を行うには、それなりの血量が必要と言われ、欲しい結果(食物アレルギーの特定)がでるまでに時間がかかります。

そのため多くのママは食べるものに気を遣い、母乳が心配なママは授乳をストップし、アレルギー発症の可能性の低い麦茶にチャレンジしてみたり。いろいろ試す中、確かな答えにたどり着けずストレスも感じはじめてしまうのです。

一番は赤ちゃんの健康のため、赤ちゃんの体に入るものだから実はママがそのあたり一番気をつけないといけないところです。昭和の時代はこんなことを気をつけるっていうことはそれほどなかったかもしれませんが、今の時代、放射性物質や放射能、水の品質そのものも変わってきており、自分の身と自分の赤ちゃんは自分で守らなかくてはなりません。

そのためにもママの健康も大切でそれが赤ちゃんに影響を及ぼさないよう細心の注意を払う必要があります。それが飲み水です。

赤ちゃん・乳幼児の体に入るものだから水は特に気をつけたい

子供が飲む水

赤ちゃんにはミルクは必須。だからママ・お母さんは赤ちゃんに母乳や粉ミルクをあげますが、その際にミルクの調乳する際、どうやって作っていますか?水道水?ミネラルウォーター?そのミネラルウォーターは赤ちゃんに適したものですか?

実は赤ちゃんには”やさしいお水”が必要。やさしいお水とはいわゆる軟水です。硬水は一般的に赤ちゃんがもどしてしまったりと同じ水でも悪い影響を与えることがあるようです。ですので、軟水は必須と思っても良いと思います。

他には食物アレルギーも心配なことの一つです。

以下は、赤ちゃんの飲料水として気をつけるポイントをまとめました。

一番は、口に入れるものだから体への影響があってはいけない。お水については大前提として安全で赤ちゃんが飲んでも問題ないものを選ぶ必要があります。

赤ちゃんにおすすめの水、調乳に適した水とは?

赤ちゃんの口に入るものだから一番気を使うところとしても良いくらいなので、パパ・ママは気をつけてください。

調乳に適した水とは

飲み水は軟水・ピュアウォーターが適切

軟水、ピュアウォーターが授乳中・妊娠中、妊婦のお母さんに適切といわれています。つまり、硬度が高い水ですと健康に影響があるといわれているからです。水は硬度が低い『軟水』を選ぶのが良いと思います。

いわゆる、ピュアウォーターとよばれるものですが、スーパーでも売っているものです。しかし、同じミネラルウォーターでも硬水と混ざっているので結構難しかったりします。本当にこれでいいのか迷うこともあるでしょうし、硬度が何mgかなど、これが軟水なのかわからなかったりすることもあります。

参考:軟水とは(Wikipedia)

水の産地はどこなのか気をつけて

原発事故を受けて放射性物質について気にされる方も多いようですが、気になるのであれば、少しでもつぶすことが大切です。この考えはかなり大切です。だれかが言っているから大丈夫、と思っていても実は間違っていることがあります。

ですので、問題の可能性を少しでも少なくする、リスクを最低限まで軽減することを考える必要があります。

産地は富士山近辺、西日本方面で採水したものが日本人の飲み水、安心して飲めるものとして流通していますので、しっかり産地、抽水した地域が明記されているものが良いでしょう。

安定して水を確保することが大切

水で気をつけることは分かったかと思いますが、実はこれを安定して入手するのは難しかったりします。もちろんスーパーにたっぷり在庫があって常に手に入るならいいですが、それを持って帰ったり毎回買うとなるとコストも高くなります。いざ無くなってしまう場合も考えて安定して水を確保できるようにする必要があります。

常に安定して飲み水を確保しておく。またすぐ飲めるようにする。

食物アレルギーにはナチュラルな水

実は食物アレルギーをもつ赤ちゃん、その疑いのある子により適した「水」があります。この「水」は最近では東北の被災地にミルクアレルギー疾患用ミルクと一緒に届けられているもの。「純水(ピュアウォーター)」です。

幼児、こども食物アレルギーを持つ子の体質はとても敏感。水の中に不純物が含まれていない、純度の高い水が最適なのです。また乳幼児はお腹の器官の発達がまだ未熟。「純水(ピュアウォーター)」の中でも乳幼児に刺激のある成分、ミネラルを含んでいない水がやさしく喉を潤してくれます。

参考:食物アレルギーとは(厚労省)

赤ちゃんも安心!おすすめウォーターサーバー2選

以下より、赤ちゃん向け、食物アレルギー持ちの方向けなど、目的やポイント別に2つのウォーターサーバーを紹介します。

基本は軟水のウォーターサーバー「コスモウォーター」

コスモウォーター

個人的におすすめしたいのは、軟水のコスモウォーターです。

赤ちゃんには軟水が良いとお伝えしましたが、結局のところ何を選べば良いのでしょうか。また、赤ちゃんのためのお母さん、お父さんの育児についてもミルクの調乳は大変です。しかし、上記した悩みを解決するものがあります。それは富士山ろくから汲み上げる水を使ったウォーターサーバー、コスモウォーターです。

赤ちゃんとママのために作られたとも言ってもいいくらい、乳幼児とお母さんの悩みや不安を解決してくれます。コスモウォーターはCMでも話題の今人気のウォーターサーバーです。

ウォーターサーバーは本来オフィスなどで使うものでしたが今では一般の家庭で使われるもので特に子育てを行う若い家族・家庭で多く普及しています。今特に赤ちゃんを子育て中の家庭、妊娠中のお母さんに人気のウォーターサーバーがあります。定期的に配送、軟水、調乳にも便利で暖かいお湯もすぐに出るといった便利さからとても人気になっています。

これまでのいくつか悩みをこのウォーターサーバー コスモウォーターで解決できます。

よくある悩みと質問・回答

https://www.crepas.co.jp/wp/wp-content/uploads/2021/12/7744782_mom_baby_mom-and-baby_mothers-day_mother_icon.png

妊娠中(妊婦)ってどんな水でも大丈夫なの?おなかの赤ちゃんに影響がない水ってあるの?授乳中に飲む水は何でも良いの?赤ちゃんに影響無い?

https://www.crepas.co.jp/wp/wp-content/uploads/2021/12/3430598_avatar_female_headset_profile_woman_icon.png

軟水なので授乳中・妊娠中でも安心です。

https://www.crepas.co.jp/wp/wp-content/uploads/2021/12/7744782_mom_baby_mom-and-baby_mothers-day_mother_icon.png

調乳の水って何でもいいの?ミネラルウォーターでもいいの?

https://www.crepas.co.jp/wp/wp-content/uploads/2021/12/3430598_avatar_female_headset_profile_woman_icon.png

軟水のミネラルウォーターなら問題ありませんが、ミネラルも少ないほうが最適といわれています。本当のピュアウォーターが一番良いとされています。

https://www.crepas.co.jp/wp/wp-content/uploads/2021/12/7744782_mom_baby_mom-and-baby_mothers-day_mother_icon.png

妊娠中(妊婦)ってどんな水でも大丈夫なの?おなかの赤ちゃんに影響がない水ってあるの?授乳中に飲む水は何でも良いの?赤ちゃんに影響無い?

https://www.crepas.co.jp/wp/wp-content/uploads/2021/12/3430598_avatar_female_headset_profile_woman_icon.png

軟水なので授乳中・妊娠中でも安心です。コスモウォーターなら富士山の地下水を採水した軟水のピュアウォーターです。ママが飲む水としても赤ちゃんに近いものとして最適と思います。

https://www.crepas.co.jp/wp/wp-content/uploads/2021/12/7744782_mom_baby_mom-and-baby_mothers-day_mother_icon.png

煮沸消毒する水は綺麗?安全?

https://www.crepas.co.jp/wp/wp-content/uploads/2021/12/3430598_avatar_female_headset_profile_woman_icon.png

そこまで神経質にならなくても良いと思いますが、不安ならコスモウォーターの水をさらっとかけてあげると良いでしょう。熱いお湯がスグに出ますので簡単です。空気の混入を防ぐ特製新型ボトルを使用していますので最後まで新鮮で安全な水です。

https://www.crepas.co.jp/wp/wp-content/uploads/2021/12/7744782_mom_baby_mom-and-baby_mothers-day_mother_icon.png

毎日の調乳、作るのも時間がかかるし本当に面倒!なんとか楽にできないものかな?

https://www.crepas.co.jp/wp/wp-content/uploads/2021/12/3430598_avatar_female_headset_profile_woman_icon.png

コスモウォーターなら注ぎ口をひねるだけで87度のお湯がスグに出てきます。簡単なので調乳の時間が短縮されます。(チャイルドロック機能がついているので事故防止に安心です)

コスモウォーターの詳細はこちら

食物アレルギーがあるなら純水「アルピナウォーター」

アルピナウォーター

食物アレルギーなど敏感体質の乳幼児には純水(ピュアウォーター)のアルピナウォーターがおすすめです。

参考:純水とは(Wikipedia)

純水(ピュアウォーター)の中でもアルピナウォーターが支持される理由

最近では純水(ピュアウォーター)の水の在庫がすくなくなってきています。その理由の1つに東北の被災地へ運ばれていることがあります。この状況をうけ、多くの家庭では「気軽に飲めるウォーターサーバー」の検討が増えています。

ウォーターサーバーの利用でママは、赤ちゃんを片手に重い荷物がなくなり買い物が便利になります。また授乳中のママの水分補給としても重宝されています。

超軟水をアルピナウォーターは実現

アメリカ航空宇宙局 (NASA) で開発されたROシステムで乳幼児に安心・安全な超軟水をアルピナウォーターは実現しています。

アルピナウォーターが超軟水を実現できているのはアメリカ航空宇宙局 (NASA) で開発されたROシステムと呼ばれる目が0.0001ミクロンという極小サイズのフィルターを使用しろ過を行っているからです。

水を浄化・殺菌を化学的な薬品を使って行っているメーカーもある中、技術で浄化ができているのは食物アレルギーに悩む乳幼児にも安心。

ウォーターサーバーの水はその成分に目がいきがちですが、採水からこどもの口に入るまでの全ての工程が安全であることが「真にからだによい水」を選ぶ大切なポイントとなのです。

不純物を取り除くシステムを採用

アルピナウォーター、浄水方法、殺菌方法、ろ過アルピナウォーターは北アルプスが水源。

北アルプスに降った雪は天然のフィルターである山々や砂地を通って自然にろ過されるので、この時点で他の天然水を比べても純度が高いのが特徴です。

そして摂水された水は品質が徹底された工場に運ばれ、5ミクロンのフィルター (HEPAフィルター) と、活性炭のフィルターで比較的大き目の不純物が除かれます。

そこで次の工程で登場するのがROシステム。ROシステムではさらに1ミクロン~0.0001ミクロンの膜が5段階で働き、目では確認不可能な微粒子レベルの不純物を取り除きます。

最終工程はUV・オゾン処理で非加熱殺菌されます。実はこれもアルピナウォーターのポイントで、非加熱殺菌は水のおいしさを損ないません。非加熱殺菌の仕組みは高額で、日本では加熱殺菌で対応しているウォーターサーバー水が殆どなのが現状なのです。

そしてあまり知られていない事実ですが、水中の雑菌はミネラル分で増殖するということ。アルピナウォーターは雑菌のエサであるミネラル分を含んでいないのでミネラル分を含む水と比べ、より安心して飲むことができます。

化学的な薬品を使って浄水、殺菌を行っているメーカーもある中、技術で浄化・殺菌を実現しているアルピナウォーターは安心。そのポリシーはボトルさえ加熱殺菌はしていないというほど徹底されています。

そしてサーバがメンテナンス不要の仕様なので、点検しません!という会社ともある中、2年に1度、無料で実施されるのも安心。ここで(2年に1度!?1年に1回して欲しいな…)と感じる方も多いハズ。実はこれは、アルピナウォーターの魅力でもあるとこ。

アルピナウォーターはミネラル分を含まない為、雑菌が繁殖しづらい性質なのです。そのため未開封のボトルであれば消費期限は1年と他のウォーターサーバーよりも長めとなっています。

※アルピナウォーターの水質検査で放射性物質は検出されていません

赤ちゃん向けウォーターサーバーの選び方まとめ

今回、調乳や授乳中の妊婦の方の飲み水として気をつけたいポイントをまとめました。

ポイントは軟水であること、食物アレルギー持ちなら純水ピュアウォーターであることで、とにかく品質重視で選ぶことが重要です。

赤ちゃんはお母さんの授乳で育ちます。ミルクならベースとなる水が大事です。それが軟水であることがポイントです。

そういった観点で日本全国で販売されているウォーターサーバー「コスモウォーター」と「アルピナウォーター」の2つを厳選しました。

これらの2つなら乳幼児も安心して飲める水、それがわかる根拠もあります。

健康に、元気に育ってもらうために毎日の水には十分気をつけて選んでくださいね。

今回紹介したウォーターサーバー以外にも美味しく安全に飲める天然水があります。

天然水は子供向けというより一般向け、リーズナブルに美味しい水が飲めるのが特徴ですので、こちらも検討してみてください。


当サイトは 環境省ウォータープロジェクトに参加・賛同しています

牧村 和慶

牧村 和慶

【監修】 株式会社Crepas 代表取締役/ 大学院卒業後、日本電気株式会社(NEC)に入社。数年間、SEや営業として大規模システムに携わった後、インターネットプロバイダーであるNECビッグローブ(現、KDDIグループ傘下のビッグローブ株式会社)へ出向。2013年に株式会社Crepasを創業。プロバイダーでの業務経験をいかし、プロバイダー分野の情報メディア運営、お金に関わる分野の取材活動を通じて、債務整理、カードローン、節約など問題解決に尽力している。

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP